1. Qiita
  2. 投稿
  3. Bash

危険な crontab -r を封印する

  • 30
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

cronの設定するときcrontab -eって使うよね?でもこれ結構危険なんです。キーボードのeの隣にあるr、これを間違えてcrontab -rなんてやってしまったら目も当てられない。何の警告もなしにいきなりcrontabの設定が全部消えちゃうんです!

怖いですねー。実際のところは過去何百回とcrontab -eを打ってきたけどこの打ち間違えはしたことがない。でも今日までは大丈夫でも明日やってしまうかもしれない…、そんな不安を少しでも拭えればと最近は bashrc に以下の設定をしています。

~/.bashrc
# crontab -r を封印する
function crontab() {
  local opt
  for opt in "$@"; do
    if [[ $opt == -r ]]; then
      echo 'crontab -r is sealed!'
      return 1
    fi
  done
  command crontab "$@"
}

これで間違えてcrontab -rを実行しちゃっても大丈夫です。

$ crontab -r
crontab -r is sealed!