rbenvで管理しているrubyのバージョンを2.0.0-p195にアップデートする手順

  • 99
    いいね
  • 4
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

rbenvを使ってる人向けのupdate手順です。これを書いている時点で最新の2.0.0-p195にあわせて書いてあります。違うバージョンの場合は適時読み替えてください。

インストールしてあるruby-buildで利用可能なrubyのバージョンを確認する

$ ruby-build --definitions 

で利用可能なrubyのバージョン一覧が見られます。2.0.0-p195があればOK。

ruby-buildが2.0.0-p195を含んでない場合

$ rbenv install 2.0.0-p195
ruby-build: definition not found: 2.0.0-p195

となるので、まずruby-buildを最新にします。ruby-buildをどうやってインストールしているかによって手順が違います。

ruby-buildをgithubから直接してインストールしている場合

https://github.com/sstephenson/ruby-build からgit cloneしてインストールした場合はpull masterしてもう一度インストールする。

$ git remote -v # 確認
origin  git://github.com/sstephenson/ruby-build.git (fetch)
origin  git://github.com/sstephenson/ruby-build.git (push)

$ git pull origin master
...

$ ./install.sh 
Installed ruby-build at /usr/local

rbenvをhomebrewでインストールしている場合

$ brew upgrade ruby-build

もし、upgradeしたあとでも2.0.0-p195が含まれていなければ、ruby-buildの側の変更がhomebrewにまだ取り込まれていない可能性が高いです。
以下のようにやるとruby-buildのHEADをとってくることが出来ますが、待てるなら少し待つのがよいと思います。

$ brew upgrade --HEAD ruby-build

(追記: d6kaizさんとuasiさんからいただいたコメントを参考に書き直しました)

参照:

ruby 2.0.0-p195 のインストール

あとは普通にインストールする。

$ rbenv install 2.0.0-p195
Downloading openssl-1.0.1e.tar.gz...
-> https://www.openssl.org/source/openssl-1.0.1e.tar.gz
Installing openssl-1.0.1e...
Installed openssl-1.0.1e to /Users/kawasy/.rbenv/versions/2.0.0-p195

Downloading ruby-2.0.0-p195.tar.gz...
-> http://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.0/ruby-2.0.0-p195.tar.gz
Installing ruby-2.0.0-p195...

となって完了。

簡単!