爆速でAndroidにPush通知を実装する(Parse + Android Studio使用)

  • 41
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

本稿ではタイトルの通り、ParseというPaaSサービスを使い、Android端末にPush通知を実装する方法について解説します。

動作確認環境

本稿ではAndroid Studio 1.1.0で動作確認しています。

Parse.comにアクセス

Parse.comにアクセスします。

スクリーンショット 2015-07-25 16.24.58.png

初回の場合は右上の[Sigh up to free]をクリックします。
アカウントがある場合はLog inボタンを押して下さい。

初回の場合

スクリーンショット 2015-07-25 16.29.04.png

signアップ画面で必要な情報を入力し、Sign upボタンを押します。

アプリの作成

ログインしたら右上の[Go to your apps]を押します。

スクリーンショット_2015-07-25_16_37_55.png

[Create a new App]を押し、アプリの名前を入力します。

スクリーンショット_2015-07-25_16_34_41.png

空プロジェクトのダウンロード

作成したアプリの名前にマウスを乗せると下にメニューが出てくるので
Quickstartを押します。

スクリーンショット_2015-07-25_16_44_00.png

大きなメニューが出てきますので、 Push -> Android -> Native -> New Projectの順にクリックします。

スクリーンショット 2015-07-25 16.16.58.png

Download the blank Android project をクリックします。
するとzipファイルがダウンロードされますので任意の場所に解凍します。

スクリーンショット 2015-07-25 16.17.12.png

Android Studioを起動し、[Import Project]を選択し、解凍したフォルダを選択します。

スクリーンショット_2015-07-25_20_32_39.png

実装

あとはParseの[Connect your app to Parse]の指示に従い、実装します。

まずはPareApplication#onCreateメソッドに次の2行をコピペします。

スクリーンショット_2015-07-25_20_39_15.png

次にAndroidManifeset.xmlのタグ内に以下の内容をコピペします。

AndroidManifest.xml
<service android:name="com.parse.PushService" />
<receiver android:name="com.parse.ParseBroadcastReceiver">
  <intent-filter>
    <action android:name="android.intent.action.BOOT_COMPLETED" />
    <action android:name="android.intent.action.USER_PRESENT" />
  </intent-filter>
</receiver>
<receiver android:name="com.parse.ParsePushBroadcastReceiver"
    android:exported="false">
  <intent-filter>
    <action android:name="com.parse.push.intent.RECEIVE" />
    <action android:name="com.parse.push.intent.DELETE" />
    <action android:name="com.parse.push.intent.OPEN" />
    </intent-filter>
</receiver>
<receiver android:name="com.parse.GcmBroadcastReceiver"
    android:permission="com.google.android.c2dm.permission.SEND">
  <intent-filter>
    <action android:name="com.google.android.c2dm.intent.RECEIVE" />
    <action android:name="com.google.android.c2dm.intent.REGISTRATION" />

    <!--
      IMPORTANT: Change "com.parse.starter" to match your app's package name.
    -->
    <category android:name="com.parse.starter" />
  </intent-filter>
</receiver>

同じくAndroidManifest.xmlのタグの前に
以下の文をコピペします。

AndroidManifest.xml
<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
<uses-permission android:name="android.permission.WAKE_LOCK" />
<uses-permission android:name="android.permission.VIBRATE" />
<uses-permission android:name="android.permission.RECEIVE_BOOT_COMPLETED" />
<uses-permission android:name="android.permission.GET_ACCOUNTS" />
<uses-permission android:name="com.google.android.c2dm.permission.RECEIVE" />

<!--
  IMPORTANT: Change "com.parse.starter.permission.C2D_MESSAGE" in the lines below
  to match your app's package name + ".permission.C2D_MESSAGE".
-->
<permission android:protectionLevel="signature"
    android:name="com.parse.starter.permission.C2D_MESSAGE" />
<uses-permission android:name="com.parse.starter.permission.C2D_MESSAGE" />

ここまで実装できたら端末にアプリをインストールして実行します。

プッシュ通知

ここまでできたらParseのページの下のTestボタンを押して下さい。
端末にプッシュ通知が行けば成功です。

注意 端末がサーバーに登録されるまでの時間はまちまちで数時間かかることもあるようです。プッシュ通知が行かない場合はしばらく待ちましょう。

スクリーンショット_2015-07-25_20_47_42.png

お疲れ様でした。
需要があればコマンドラインからプッシュ通知を送る方法や別のAndroid端末からプッシュ通知を送る方法について書きます。