Vagrant を使用して仮想マシンを作成してみる

  • 35
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

目的

  • Vagrant を使用して仮想マシンを作成してみる
  • 動作は Mac 上で確認

vagrant インストール

  • http://www.vagrantup.com/
    • ダウンロードから使用している OS のインストーラを取得し、インストールする(今回は Mac)
  • 仮想マシンを作成するツールが必要なので VirtualBox もインストールする

バージョン確認

  • ターミナルを開き、下記コマンドを入力
$ vagrant --version

Box(仮想マシン) の取得

$ vagrant box add “name” “url”
  • 取得した Box 一覧を表示する
$ vagrant box list
  • 他の Box イメージを取得するには

  • Box を削除するには

$ vagrant box remove
  • 今回は公式ページの通り、Box を追加しておく
$ vagrant box add precise32 http://files.vagrantup.com/precise32.box

仮想マシンの初期化

  • ディレクトリの作成
    • 仮想マシンごとにディレクトリを作る必要がある
$ mkdir UbuntuVM
  • 作成したディレクトリに移動し、初期化コマンドを打つ
$ vagrant init precise32
  • コマンドを打つと Vagrantfile というのが作成される
    • 中身は ruby で記載されていて、仮想マシンの設定ができる(今回はそのまま使用)

仮想マシンの起動

  • Vagrantfile のあるディレクトリで下記のコマンドを入力
$ vagrant up
  • Virtual Box を見ると、起動した VM が実行中になっていることがわかる vagrant_ubuntu.png

仮想マシンの停止・再起動

  • 仮想マシンの状態を見る場合は、下記のコマンドを入力する
$ vagrant status
  • 起動中であれば running となる

    default running (virtualbox)

  • 仮想マシンを停止するには、下記のコマンドを入力する

$ vagrant halt
  • 仮想マシンを再起動するには、下記のコマンドを入力する
$ vagrant reload
  • 仮想マシンを削除する場合は、下記のコマンドを入力する
    • Virtual Box 上からは削除されるが Vagrantfile は残る。
$ vagrant destroy

仮想マシンに接続・切断

  • 接続するには、下記コマンドを入力する
$ vagrant ssh
  • 接続できると以下が表示される

    Welcome to your Vagrant-built virtual machine.
    [vagrant@localhost ~]$

  • 切断には、下記コマンドを入力する

$ exit