iOS で QR リーダを最速で実装する

  • 53
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

少し昔なら ZXing というライブラリがあって定番でしたが、今は iOS7 から AVFoundation が標準で QR を読んでくれます。
ZXing 重そうだったので、標準の API 使うとコードの量が減っていい感じです。

が、使うにも AVFoundation まわりのアレコレがとても面倒くさいです。
そこで手前味噌ですが薄い感じにらっぱーを書いたので紹介します。

pod 'KIFastQR'

KIFastQRCaptureView *fastQR = [[KIFastQRCaptureView alloc] initWithFrame:self.view.frame];
[fastQR startCaptureWithDelegate:self];
[self.view addSubview:fastQR];

で delegate メソッドをインプリします

- (void)fastQRView:(UIView *)fastQRView captureOutput:(NSString *)obtainedString {
    NSLog(@"%@", obtainedString);
}

KIFastQR ということでいかにも速そうですが標準の API を普通に使ってるだけです。

:sushi:

https://github.com/kaiinui/FastQR