Skypeアカウントを乗っ取られたときの顛末

  • 1
    いいね
  • 2
    コメント

Skypeが乗っ取られた。

突然↓のメールが届いた。

スクリーンショット 2015-12-23 9.47.05.png

すぐにパスワードのリセットを依頼したので、アカウントは停止状態に。
被害は無かった様だけれど、その後が少し面倒だったので備忘録。

パスワードのリセット手続き

パスワードをリセットするためには、以下のSkypeアカウント情報を伝える必要がある。

  1. Skype名
  2. Skypeアカウントの作成時に登録したメールアドレス
  3. Skypeに登録した生年月日
  4. Skypeアカウント作成の年月
  5. Skypeの連絡先に登録されている5人の名前(表示名 or Skype名)
  6. 現在の表示名
  7. 登録した国

厳しい。 1,3,7くらいしか自信もって答えられないよ。。

というわけで調べてみた。

Skypeアカウント情報の調べ方

アカウント情報は"main.db"に格納されている。

/Users/***/Library/Application Support/Skype/xxx(skypeアカウント)/main.db

中身はSqlite。Macであればsqlite3が標準で入っている(筈。)

nock$ sqlite3 /Users/***/Library/Application Support/Skype/xxx(skypeアカウント)/main.db 
SQLite version 3.8.8.3 2015-02-25 13:29:11
Enter ".help" for usage hints.
sqlite> 

1. Skype名

sqlite> SELECT skypename FROM Accounts;

2. Skypeアカウントの作成時に登録したメールアドレス

sqlite> SELECT emails FROM Accounts;

3. Skypeに登録した生年月日

sqlite> SELECT birthday FROM Accounts;

私は登録していなかったのか、0でした。

4. Skypeアカウント作成の年月

sqlite> SELECT registration_timestamp FROM Accounts;

返却値はUnixタイムスタンプを秒→分に変更した値です。
60を掛けて、変換ツールで変換。

5. Skypeの連絡先に登録されている5人の名前(表示名 or Skype名)

sqlite> SELECT skypename, fullname FROM Contacts;

6. 現在の表示名

sqlite> SELECT fullname FROM Accounts;

7. 登録した国

sqlite> SELECT country FROM Accounts;

むすび

パスワードのリセットはかなり敷居が高い・・。