App Streamingの紹介&試してみようとした話

  • 8
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

概要

  • App Streamingについての日本語の記事がほとんどなかったので紹介します
  • その名の通り、アプリをストリーミングで使えるようになります
  • ついでに試してみようとしましたがうまく行きませんでした :crying_cat_face:

App Streamingとは

その名の通り、アプリをストリーミングで使えるようになる代物です。
百聞は一見に如かず、(恐らく)初出であるGoogle Inside Searchブログ2015/11/18の記事にあるgif画像を見てみましょう。
(gif画像が7.6MBありQiitaには貼れませんでした・・・)

"hotel right now in chicago"と検索すると、Hotel Tonightアプリのリンクがトップに出てきました。
リンクには"Stream"という文字があります。
それをタップすると、Hotel Tonightアプリをインストールしていないにも関わらずアプリが使える(しかもシカゴのホテル一覧を表示してくれる)ではありませんか!
これまではGoogle Playに飛ばされてアプリをダウンロードしないといけなかった上に、起動直後に検索ワードに合致したコンテンツが出てくる訳では無かったので、ユーザー体験は雲泥の差です1

広告での活用例

上では検索結果でのストリーミングでしたが、活用例をもう一つ紹介しましょう。
広告でApp Streamingを使い、アプリをその場で試してもらうことができます。

(恐らく)初出はGoogle Inside AdWordsブログ2015/12/3の記事で、これも記事中にgif画像があります。
記事中に3つgif画像がありますが、1つ目がApp Streamingを使った例です2

使える条件

App Streaming、凄いですね。今すぐ試してみたいところですが、公式ブログを読む限りいくつか条件があるようです。
また、懸念点もあります。通信が遅かったらユーザー体験の向上も何もありません。何より通信量を馬鹿食いしそうです。

この辺この辺も参照しつつ使える条件をまとめてみます。

  • Android 5 or 6
  • 強いWi-Fi接続
  • 端末の言語設定はEnglish (US)
  • アメリカ国内にいる3
  • Googleアプリを使う(Chromeじゃ駄目!)
  • 現状の対象アプリはHotel Tonightなど数種類のみ
  • 対象アプリが端末にインストールされていない

利用条件を「強いWi-Fi接続がある時のみ」とすることで、とりあえず上述の懸念は回避されそうです。

日本からでも使えないか試してみた

日本でApp Streamingが普通に使えるようになるのはまだまだ先のようですが、工夫すれば使えるんじゃないの?と思い試してみました。

  • 使う端末はNexus 5, Android 6.0.1です
  • Wi-Fiの強度は常に最大を保ちます
  • 端末の言語を"English (United States)"にします
  • BBCの記事の言う「アメリカ国内にいる」という条件は曖昧なので、とりあえず無視します
  • Hotel Tonightが検索結果に出るようにします
    • 上述のgifと同じ"hotel right now in chicago"ではHotel Tonightがうまく出なかったので、"hotel tonight in chicago"で検索しました

まずは上記の条件で試してみます。

予想通りですがうまく行きません。「アメリカ国内にいる」と判定されていないようです。

今度は、アクセス元のIPアドレスで判定しているんだろうというアタリを付け、Proxyを噛ませてみます。
Google PlayでProxyアプリが沢山あるので、評価の良いものをいくつか試してアメリカのサーバを経由し検索します。

キター!確かに"Stream"の文字が!早速タップします。

何・・・だと・・・?
時間を置いてからアクセスすれば使えるかもしれないですが、今の所はどうしようもありません。残念 :cry:


  1. 通信が遅かったら体験も何もあったものじゃないし、何より通信量が凄いことになるじゃないか、と思われるかもしれませんが、今の所は強いWi-Fi接続状態でないと使えません。App Streamingを使える条件の詳細は後述。 

  2. 記事自体は「新しいインタラクティブ広告について」で、2つ目と3つ目のgifはHTML5を使ったインタラクティブ広告の紹介です。 

  3. どうやらIPアドレスでの判定を意味しているようです。