ATOMエディタの初期設定(vim mode)

  • 148
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

軽く使ってみたら意外と好きになれそうだったので、メモ的に残しておきます。
初期設定〜vimモードを入れてみます。

設定

Atomをインストール

Atom

atomのシェルコマンドのインストール

メニューよりAtom → Install Shell Commands

vimプラグインのインストール

atomではなく、Macのターミナルより下記コマンドを実行します。
apm install vim-mode

Atomの再起動

escキー押下時に日本語入力をやめて英数入力にする

インサートモードを抜けたときに日本語入力のままだと発狂しかねないので。

KeyRemap4MacBookを使用します。
vimでも同じ設定をしていたので、com.github.atomを追加するだけでした。

  1. Misc $ Uninstallタブを選択し、Open private.xmlを押下。
  2. XMLの編集
  3. Change Keyタブを選択し、ReloadXMLを押下。

設定例

<?xml version="1.0"?>
<root>
  <appdef>
    <appname>iTERM2</appname>
    <equal>com.googlecode.iterm2</equal>
  </appdef>
  <appdef>
    <appname>MACVIM</appname>
    <equal>org.vim.MacVim</equal>
  </appdef>
  <appdef>
    <appname>ATOM</appname>
    <equal>com.github.atom</equal>
  </appdef>
  <list>
    <item>
      <name>Leave Insert Mode with EISUU (vim keybind apps)</name>
      <identifier>private.vim_keybind_apps_esc_with_eisuu</identifier>
      <only>iTERM2,TERMINAL,MACVIM,ATOM</only>
      <autogen>--KeyToKey-- KeyCode::ESCAPE, KeyCode::ESCAPE, KeyCode::JIS_EISUU</autogen>
      <autogen>--KeyToKey-- KeyCode::BRACKET_LEFT, VK_CONTROL, KeyCode::BRACKET_LEFT, VK_CONTROL, KeyCode::JIS_EISUU</autogen>
    </item>
  </list>
</root>

Key Bind Resolver

便利だったので何となく紹介。

対応しているキーバインドをリアルタイムで表示してくれる機能です。
例えばctrl + wまで打ったら、次にhを打つとこうなるよ!みたいな感じで表示してくれます。
慣れないうちは役に立ちそうです。(あと表示の仕方がおしゃれで好きです。)

使い方

cmd + shift + pでコマンド検索パネルみたいなのが表示できるのですが、そこでkeybindresぐらいまで打てば見つかります。

感想

意外とvimモードの使い心地は素直で、使いやすいです。

キーバインドはさすがにかなりカスタマイズしないと、vimみたいにはならなさそうですね。