今入ってる VirtualBox Guest Additions のバージョンを確認する

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

VirtualBox がたびたび更新される。

それは良いことなのだけど、本体を更新するたび、追加機能をサポートする Guest Additions を仮想環境ごとにインストールし直さないといけないのが少し面倒くさい。

仮想環境を複数扱っていると、この環境には新しいバージョンを入れたのか曖昧になることがある。まあいいか、と気にせずに使っていると Guest Additions の機能が必要な場面にぶち当たって作業中断。インストール作業自体は数分で終わるものだが、再起動を伴うので不意打ちを食らうと結構面倒くさい。

事前に解決できることは事前に解決しておきたい。

しかし、たまにしか更新しないこともあって、インストールされている Guest Additions のバージョンの確認方法をよく忘れる。

今回はそのメモ。

…。

ちなみに、仮想環境が一般的なデスクトップ環境の場合は、適切なバージョンの Guest Additions が入っていないと通知が来る模様。便利。

環境

  • VirtualBox 5.0.16
  • VirtualBox Guest Additions 5.0.16
  • Ubuntu 15.04

参考

確認 (modinfo)

Guest Additions は Linux のカーネル・モジュールとして登録されている。その詳細情報を modinfo で得る。

$ modinfo vboxguest
filename:       /lib/modules/3.19.0-58-generic/misc/vboxguest.ko
version:        5.0.16
license:        GPL
description:    Oracle VM VirtualBox Guest Additions for Linux Module
author:         Oracle Corporation
srcversion:     6B7D24280DBF204B19C8E80
alias:          pci:v000080EEd0000CAFEsv00000000sd00000000bc*sc*i*
depends:        
vermagic:       3.19.0-58-generic SMP mod_unload modversions 

この version の値が、現在使用している Guest Additions のバージョン。

確認 (ls)

/usr/*/VBoxG*

現在使用中のバージョンに /usr 下からシンボリック・リンクが張られている。

% ls -l /usr/*/VBoxG*
lrwxrwxrwx 1 root root 53 Apr 15 17:22 /usr/lib/VBoxGuestAdditions -> /opt/VBoxGuestAdditions-5.0.16/lib/VBoxGuestAdditions/
lrwxrwxrwx 1 root root 55 Apr 15 17:22 /usr/share/VBoxGuestAdditions -> /opt/VBoxGuestAdditions-5.0.16/share/VBoxGuestAdditions/

ディレクトリ名の数字がバージョンの値。

/opt/VBox*

上記のシンボリック・リンクが示す通り、 Guest Additions は /opt 下にインストールされる。

$ ls /opt/VBox*
/opt/VBoxGuestAdditions-4.3.0:

/opt/VBoxGuestAdditions-5.0.10:

/opt/VBoxGuestAdditions-5.0.16:
bin/   installer/  LICENSE       sbin/   src/
init/  lib/        routines.sh*  share/  uninstall.sh*

VBoxGuestAdditions から始まるディレクトリは複数あるが、最後にインストールしたバージョン以外の中身は空っぽ。

少し行儀が悪い感じもするけど、バージョンの履歴としてあえて残しているのかもしれない。