【tmux】tpmでplugin管理して快適ターミナル生活

  • 126
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

tpm(Tmux Plugin Manager)

TL;DR

tpm(Tmux Plugin Manager)はtmuxのpluginをいい感じに管理できるツール.
VimのNeoBundleやRubyのGemfileのように.tmux.confにpluginを記述することで管理を行う.

usage

tpmのインストール.

$ git clone https://github.com/tmux-plugins/tpm ~/.tmux/plugins/tpm

.tmux.confに利用するpluginを記述.
run-shell tpmでpluginのスクリプト(*.tmux)が実行される.

.tmux.conf
set -g @tpm_plugins '              \
  tmux-plugins/tpm                 \
  tmux-plugins/tmux-yank           \
  tmux-plugins/tmux-open           \
  tmux-plugins/tmux-resurrect      \
  tmux-plugins/tmux-battery        \
  tmux-plugins/tmux-pain-control   \
'

run-shell '~/.tmux/plugins/tpm/tpm'

tmuxを起動してprefix I(shift+I)でpluginがインストールされる(NeoBudleでいうところの:NeoBundleInstall).

plugins

僕が利用しているのはこんな感じ.

tmux-yankとかtmux-pain-controlは,従来だと.tmux.confにだらだら書いてたものをpluginとして抽出したもの.
こういう設定がOSSとして切りだされていくと.tmux.confがより洗練されていって素敵だと思う.

pluginの作り方はHow to create Tmux pluginsにまとめられているので自作も可能.
現状だとtpm作者が1人で頑張ってるけど,brewとかgemみたいにtpm pluginsが広まっていけば世の中がもっといい感じになっていく気がする.

参考