Vimコマンド : 便利一覧

  • 13
    いいね
  • 0
    コメント

概要

2016年10月からエンジニアとして働き始めましたが、最初Vimを使った時に、正直「なんだこれ1? めっちゃ使いづらい(笑)!!」と感じました。

しかし、Vim最高とみんな叫んでいるので、「本当か???」と内心疑いながら、使い続けました。

そして、5ヶ月経った今、自分もようやくVimmerと名乗れる入り口に立った気がするので、ここで便利だと思ったコマンドを共有します。

便利度★★★

移動

ページ内移動

  • gg: ページの先頭に移動。
  • G: ページの最後に移動。

行移動

  • 行番号 G:入力した行にカーソルが移動。

文字移動

  • f + 1文字: カーソルがある行の中で、入力した文字に該当する場所に前方移動。
    • ; : fコマンドの移動を繰り返す。
    • , : 検索を後方に戻る。
  • F + 1文字: カーソルがある行の中で、入力した文字に該当する場所に後方移動。
    • ; : Fコマンドの移動を繰り返す。
    • , : 検索を前方に戻る。

単語移動

  • w,W: 次の単語の先頭に前進。
  • b,B: 現在の単語もしくは前の単語の先頭に後退。
  • e,E: 単語のendまで前進。

※ 大文字: ドット(.)やコロン(:)のような記号もひと続きの単語とみなして移動

繰り返し

  • . : 直前のコマンドを繰り返す。

削除

行削除

  • dd: カーソルがある行を削除。
  • :行番号 d : 特定の行を削除。
    • ex.10行目を削除する。

スクリーンショット 2017-02-25 17.08.12.png

単語削除

  • diw: カーソル上の単語を削除。
  • di": ダブルクォーテーションの内部を削除。
  • dit: HTMLタグの内部を削除。
  • ciw: カーソル上の単語を削除して、インサートモード。
  • ci": ダブルクォーテーションの内部を削除して、インサートモード。
  • cit: HTMLタグの内部を削除して、インサートモード。

文字削除

  • x: 1文字削除。
  • D: カーソル位置から行末まで削除。
  • C: カーソル位置から行末まで削除して, インサートモード。

コピー

行コピー

  • yy: カーソルがある1行をコピー。
  • :行番号y : 特定の行をコピー。
    • ex.10行目をコピーする。

スクリーンショット 2017-02-25 16.51.06.png

単語コピー

  • yiw: カーソル上の単語をコピー。
  • yi": ダブルクォーテーションの内部をコピー。
  • yit: HTMLタグの内部をコピー。

挿入

行挿入

  • o: 現在の行の下に改行し、インサートモード。

カーソル挿入

  • a: カーソルの右側にインサートモード。
  • I: 行頭に移動し、インサートモード。
  • A: 行末に移動し、インサートモード。

インデント

  • >>: インデントを追加。
  • <<: インデントを削除。

※ 複数の行を選択した状態で行なった場合、選択した行が操作されます。

undo

  • u: コマンドを戻す。

redo

  • Ctrl + r: undoを取り消す。

検索

  • / + 文字: ページ内の文字を検索。
    • n: 前方の同じ文字を検索。
    • N: 後方に同じ文字を検索。

置換

  • :%s/検索する文字/置換する文字/g: : ファイル上の全ての"検索する文字"を"置換する文字"に置換。

選択

  • V:カーソルがある行を選択。
    • y:選択した行をコピー。
    • d:選択した行を削除。

便利度★★

移動

カーソル

  • L: ウインドウ内の一番下の行に移動。
  • ^: 行のテキスト部分の先頭に移動。

画面スクロール

  • zz: 現在のカーソル位置を中央となるように画面がスクロール。
  • zt: 現在のカーソル位置が一番上となるように画面がスクロール。
  • Ctrl + u: 半画面分戻る。
  • Ctrl + d: 半画面分進む。
  • Ctrl + b: 1画面分戻る。
  • Ctrl + f: 1画面分進む。

単語移動

  • ge,gE: 前の単語の末尾に後退。

※ 大文字: ドット(.)やコロン(:)のような記号もひと続きの単語とみなして移動。

行編集

  • cc: 1行を削除して、インサートモードに入る。

選択

  • viw: カーソル上の単語を選択。
  • vi": ダブルクォーテーションの内部を選択。
  • vit: HTMLタグの内部を選択。

レコーディング機能

  • qa:レコーディングを開始。
  • q:レコーディングを終了。

※ 参考:http://qiita.com/taketin/items/aa6cc363f84f6090f1c0

矩形選択

  • Cntl + v:矩形選択モード。
    • d: 矩形選択した範囲を削除。
  • Cntl + v + $:矩形選択し、長さが異なる行を全選択。
  • Cntl + v$A:長さの異なる複数行の行末に同じ文字列を追加する。

※ 参考:http://nanasi.jp/articles/howto/editing/blockwise-operation.html

おすすめ書籍

まとめ

  • 私が普段使っているコマンドの中で、特に頻度が高いコマンドをピックアップしました。少しでも役に立てたら感謝です。

参考サイト