過去の自分に伝えたい転職の技術

  • 8
    いいね
  • 0
    コメント

「転職できるように備えておこう」と思ったら

  • 新しい技術に取り組むべし
    • 「優秀なエンジニアは新しい技術に飛びつく」と考える人が多い
  • ひとつの分野を極めるべし
    • 川相昌弘や鈴木尚広のような一芸に秀でたエンジニアにはニーズがある
  • GitHubで技術力をアピールすべし
    • 面接の受け答えのみで技術力をアピールするのは難しい
    • 資格はそんなに評価されない

転職を決めたら

  • 夏と冬の転職活動は避けるべし
    • 夏は暑く、冬は寒い
  • 転職エージェントを使うべし
    • 自力でがんばるより効率的
    • 書類選考を通過しやすい職務経歴書の書き方を教えてくれた(Forkwell Agent)
    • 元同僚エンジニア(超優秀)が使ったエージェントから非公開求人の連絡が来た(自分まで優秀だと思われた)

面接に臨んだら

  • 給与の下限は明確に伝えるべし
    • 内定後に給与のミスマッチで御破算になるのは時間の無駄
  • 給与振込口座が会社指定の金融機関になるかどうか確認すべし
    • メインバンクと異なる場合、毎月の振替が面倒だし手数料もかかる

不合格になったら

  • 気にせず他の転職先候補を探すべし
    • 書類選考で不合格となった企業から、2年後に内定がもらえた
    • 企業の求める人材は時期によって変わる

転職先が決まったら

  • 退職日に注意すべし
    • 以前、退職願に「退職日:12月31日」と書いたら「12月30日に直してほしい」と言われた
    • 影響を考えずに直した結果、会社で年末調整してくれず、自分で確定申告することになった
    • また、1日だけ国民年金に加入することになった。厚生年金の加入期間が1ヶ月減る可能性がある

筆者について

  • 2001年(28歳):5社目に転職(非エンジニアからWeb系エンジニアに転身)
  • 2016年(43歳):9社目に転職
  • 2017年(44歳):10社目に転職予定(内定済み)