AWS SDK for PHP のパフォーマンスを改善するたった3つのこと

  • 51
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

いずれも、ほとんどコードに手を加えることなくできる改善なので、SDKを利用しているなら、すぐにでもやるべきだ。
もし、これから開発をはじめようとしているなら、前提としてまず、 PHP5.6 もしくは PHP5.5 を使うことをオススメする。
もちろん、PHPのバージョン関係なく以下は有用なものです。

1. Composer の classmap autoloader を使う

$ php composer.phar install --optimize-autoloader

2. PECL uri_template をインストール

$ pecl install uri_template

uri_template 拡張は、AWS SDK ではなくベースとなる Guzzle V3 以降の実装として利用されるので、AWS SDK に限らず Guzzle を利用している場合でもインストールすることでパフォーマンス改善ができる

3. credentials.cache を有効にする

$client = Aws\DynamoDb\DynamoDbClient::factory(array(
    'region'            => 'ap-northeast-1',
    'credentials.cache' => true
));
{
    "required": {
        "aws/sdk": "2.*",
        "doctrine/cache": "1.*"
    }
}

上記はドキュメントに記載されていることではあるが、非常に有用なので改めて周知したい。
参考: http://docs.aws.amazon.com/aws-sdk-php/guide/latest/performance.html