Google Play申請手順(2014年冬)

  • 91
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

申請手順

iOSほどではないがAndroidも定期的に手順やUIが変わるため、下記の情報は正確でない場合があるので、注意してください!

事前準備

apkファイルを用意しておく。

①アプリ情報を登録する

Google Play Developer Consoleから以下の情報を順番に入力していく。

https://play.google.com/apps/publish/

新しいアプリを追加

  • デフォルトの言語:日本語
  • タイトル:アプリ名

言語の追加と切り替え

日本語を選んだ場合は不要

アイテムの詳細

  • タイトル:アプリ名(30文字以内)
  • 説明:アプリの説明文(4000文字)
  • プロモーションテキスト:短めのアプリ説明文(任意)
  • 最近の変更点:初回リリース時は不要

画像アセット

形式はJPEGかPNGファイル

  • スクリーンショット:1辺320px以上の画像を2つ以上設定する(端末毎に設定可能)
  • 高解像度アイコン:512*512px
  • 宣伝用画像:1024*1024px(任意)
  • プロモーション用画像:180*120px(任意)
  • プロモーション動画:YouTubeのURL(任意)

分類

  • アプリのタイプ:アプリケーションorゲーム
  • カテゴリ:適切なカテゴリを選択する(ゲームの場合はさらにカテゴリあり)
  • コンテンツレーティング:全ユーザー対象

連絡先情報

  • ウェブサイト:サポートWebページ
  • メールアドレス:サポート用のメールアドレス
  • 電話番号:サポート用の電話番号(任意)

プライバシーポリシー

  • ポリシーへのリンク:なしでも構わない

保存ボタンをクリックすると、この時点でストアの掲載情報が緑のマークとなっている!

②apkファイルをアップロードする

APK>製品版で、製品版に最初のAPKをアップロードボタンをクリックする。
対象のapkをアップロードする。

保存ボタンをクリックすると、この時点でapkが緑のマークとなっている!

③価格と販売/配布地域を設定する

価格設定

  • アプリの価格設定:無料
  • デフォルトの価格:JPY
  • 価格の自動換算:無料の場合は不要

配布する地域

  • 配布する地域:日本を選択

同意事項

全ての同意事項を確認して、承諾する。

保存ボタンをクリックすると、この時点で価格と販売/配布地域が緑のマークとなっている!

④公開する

Consoleの右側に「公開の準備完了」と表示されるので、クリックし「このアプリを公開する」を選択すると、アプリの公開手続きが実行される。

2時間程度でGoogle Playストアでアクセスできるようになる!!

参考URL

よく分かる!Android アプリのリリース手順のまとめ | アドカレ2013 : SP #20:
http://dev.classmethod.jp/smartphone/android/android-app-how-to-release/