Wi2 のゲストコード発行を自動化するニッチなノマドハック

  • 6
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

こんにちは、岩手県立大学アドベントカレンダー23日目の記事です。

みなさんは公衆無線LANサービス「Wi2」は使っていますか?

月額362円(税抜)で全国各地にある「Wi2」のほか、マクドナルドなどにある「mobilepoint」、駅などの「UQ_WiFi」といった公共無線LANが使い放題になります。

残念ながら「Wi2premium」が提供されているエリアは、オプションチケットを購入しないと利用できません。
が、一部アクセスポイントでは、時間制限付の ゲストコード を取得することで無料で使えたりします。

この ゲストコード は、「dcs@forguest.wi2.ne.jp」に空メールを送って取得するのですが、このときPCがネットにつながっていないので、スマホで空メールを送るのが面倒なわけです。

IFFFT で解決!

今回は、みんな大好き「IFFFT」を利用して、foursquare でチェックインしたらゲストコードを発行するようにします!

(IFFFTアプリ版をスマホにインストールしておくことで、わざわざチェックインしなくても近づいたら発行することもできますが、近くを通っただけで発行してしまうとWi2さんに迷惑をかけてしまうので foursquare 連携にしました)

手順

1. foursquare をトリガーにする

2. 「New check-in by you in area」を選ぶ

3. カフェのあたりを指定する

4. アクションとして「Gmail」を選択する

5. dcs@forguest.wi2.ne.jp 宛にメールを送るようにする

以上で設定は完了です!

実際にチェックインすると...

メールがきました!!これでスムーズなノマドライフを送れそうですね。

さいごに

というわけで、今回の記事では公衆無線サービスwi2を少し便利に使うニッチなノマドハックをお伝えしました。公衆無線LANサービスは、セキュリティ面で気をつけなければいけないことも多いので、重要な通信をするときや長時間の利用、安定した回線速度が欲しいときは別途モバイルルーター等を契約しておきましょうね!