Shimの意味

  • 81
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

rbenvには shims というフォルダがあって、本体を上手いこと実行するためのシェルスクリプトが入ってるんだけど、この shims って名前はどういう意味なのかわからず困ってた。

いや、別に意味がわからなくても困らないけど、何となくスッキリしなくて気持ち悪い。なので調べてみました。

辞書に載ってる意味

英辞郎によると

《名》詰め木
《他動》~に詰め木を入れる
《動》詰め木を入れて水平にする

とのことですが、詰め木? よくわからん。

”Shim とは”で検索しても木材についての話とか「SIMフリーの携帯とは?」とか出てくる。違うお前じゃない。

コンピュータ用語としてのShimの意味

Wikipediaには書いていました。 ただし英語版のみ。

In computer programming, a shim (from shim) or shiv is a small library that transparently intercepts an API and changes the parameters passed, handles the operation itself, or redirects the operation elsewhere. Shims typically come about when the behavior of an API changes, thereby causing compatibility issues for older applications which still rely on the older functionality. In such cases, the older API can still be supported by a thin compatibility layer on top of the newer code. Web polyfills are a related concept. Shims can also be used for running programs on different software platforms than they were developed for.

テキトーな意訳:プログラムのバージョン間の差異を埋める緩衝材のように使う薄いレイヤーみたいなものがShimです。

あー、なるほど。それで詰め木。それなー。

参考

Shim (computing) - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Shim_(computing)

  • この記事は以下の記事からリンクされています
  • pyenvまとめからリンク