CentOS7.0にJenkinsをインストールする

  • 12
    いいね
  • 0
    コメント

CentOSにJenkinsをインストールする方法は複数あります。

一番簡単な方法はダウンロードしたJenkinsのwarファイルをTomcatのようなアプリケーションサーバーに配置するだけで終わります。

ですが、今回はJenkinsの公式HPにも載っているyumを使った方法について紹介します。yumなので難しくありません。
https://wiki.jenkins-ci.org/display/JENKINS/Installing+Jenkins+on+Red+Hat+distributions

OpenJDKをインストール

Jenkinsが動く必須条件としては「Java7以上がインストールされていること」があります。昔はJava6でも問題ありませんでしたが、最新バージョンのJenkinsではJava7以上が必須条件となりました。CentOSにJava7以上がインストールされていない場合はインストールしてください。ここでは、OpenJDKを使用しますが、OpenJDKに不安がある方はOracleJDKでも問題ありません。

# yum install java-1.8.0-openjdk

yumリポジトリに追加

DefaultのyumリポジトリではJenkinsのダウンロードができないので追加します。
ここでは安定バージョン₍stable₎を利用します。

$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat-stable/jenkins.repo

RPMパッケージの公開鍵をインポート

Jenkinsのインストール時使われる公開鍵をインポートします。インストールに使うJenkinsのRPMパッケージに問題がないか₍改ざんされてないか₎をチェックするためにあります。

$ sudo rpm --import https://jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

Jenkinsインストール

$ sudo yum install jenkins

ポート変更

$ vi /etc/sysconfig/jenkins
-----
JENKINS_PORT="8082"
-----

サービススタート

$ sudo service jenkins start

ランレベル₍chkconfig₎に登録

$ sudo chkconfig jenkins on

これでインストールが完了しました。Jenkinsの初期設定画面を確認してください。
http://#ipadress#:8082/

初期設定の最初はパスワードを聞かれますが、画面の指示通りにサーバーでパスワードを確認して入力します。

$ sudo cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword

※インストールの過程でApacheやTomcatのなどのWebサーバー、アプリケーションサーバーをインストールしなくても動くのはJenkinsの中にはJettyという軽量のServletコンテナが同梱されているからです。