音声認識 Julius 4.2.3 + Mac OSX Mountain Lion 10.8.4 でビルドする方法

  • 15
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

音声認識 Julius 4.2.3 + Mac OSX Mountain Lion 10.8.4 でビルドする方法です。

gcc バージョンの確認
% gcc -v
Using built-in specs.
Target: i686-apple-darwin11
Configured with: /private/var/tmp/llvmgcc42/llvmgcc42-2336.11~182/src/configure --disable-checking --enable-werror --prefix=/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/llvm-gcc-4.2 --mandir=/share/man --enable-languages=c,objc,c++,obj-c++ --program-prefix=llvm- --program-transform-name=/^[cg][^.-]*$/s/$/-4.2/ --with-slibdir=/usr/lib --build=i686-apple-darwin11 --enable-llvm=/private/var/tmp/llvmgcc42/llvmgcc42-2336.11~182/dst-llvmCore/Developer/usr/local --program-prefix=i686-apple-darwin11- --host=x86_64-apple-darwin11 --target=i686-apple-darwin11 --with-gxx-include-dir=/usr/include/c++/4.2.1
Thread model: posix
gcc version 4.2.1 (Based on Apple Inc. build 5658) (LLVM build 2336.11.00)
portaudio のインストール

http://www.portaudio.com/download.html から stable の pa_stable_v19_20111121.tgz をダウンロード。

ビルド方法
Julius は 32 ビットでないと動かないっぽいので32ビットでビルドする。

% tar -xzf ~/Downloads/pa_stable_v19_20111121.tgz
% cd portaudio
% env CFLAGS='-arch i386' LDFLAGS='-arch i386' ./configure --disable-mac-universal

ここで Makefile の CFLAGS から -Werror を削除する。

さらに vi include/pa_mac_core.h で以下のように編集する。

- #include <AudioUnit/AudioUnit.h>
- //#include <AudioToolbox/AudioToolbox.h>
+ #include <CoreAudio/CoreAudio.h>

ビルド&インストール作業

% make
% sudo make install
Julius のインストール

つづいて Julius のインストール。
最新版の 4.2.3 をダウンロード。
http://sourceforge.jp/projects/julius/downloads/59049/julius-4.2.3.tar.gz/

% tar -xzf ~/Downloads/julius-4.2.3.tar.gz
% cd julius-4.2.3 
% env CFLAGS='-O3 -arch i386' LDFLAGS='-arch i386' ./configure --enable-words-int --with-mictype=portaudio
% make
% sudo make install
Julius ディクテーションキットで動作確認

動作確認用にディクテーションキットをインストールします。
http://sourceforge.jp/projects/julius/downloads/59050/dictation-kit-v4.2.3.tar.gz/

インストールといっても解凍するだけ

% tar -xzf ~/Downloads/dictation-kit-v4.2.3.tar.gz 

動作確認してみた。

% cd dictation-kit-v4.2.3
% julius -C fast.jconf -charconv EUC-JP UTF-8
...
Stat: adin_portaudio: audio cycle buffer length = 256000 bytes
Stat: adin_portaudio: sound capture devices:
  1 [Core Audio: Built-in Microph]
Stat: adin_portaudio: use default device
Stat: adin_portaudio: [Core Audio: Built-in Microph]
Stat: adin_portaudio: (you can specify device by "PORTAUDIO_DEV_NUM=number"
Stat: adin_portaudio: try to set default low latency from portaudio: -1918613508 msec
Stat: adin_portaudio: latency was set to 6.375000 msec
STAT: AD-in thread created
<<< please speak >>>Warning: strip: sample 0-93 has zero value, stripped
pass1_best:  ハロー は ん 。            
sentence1:  ハロー ワールド 。 
<<< please speak >>>