Vagrantの実行環境のバージョンアップ

  • 31
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

MacBookのOSをバージョンアップしたので、Vagrantとvirtualboxも最新化したときの手順。

環境

MacBook 13-inch, Late 2009 Mac OS X Yosemite 10.10.2

対象AP
Vagrant 1.6.5 1.7.2
VirtualBox 4.2.16 4.3.22

手順

操作はMacBookのターミナルで実施する。

バージョンの確認

$ vagrant version
**Installed Version: 1.6.5**
Latest Version: 1.7.2
:

vagrantの起動状態を確認する

$ vagrant status
Current machine states:

default                   running (virtualbox)

起動中(running)の場合は停止する。停止中の場合はアップデートへ進む。

$ vagrant halt
==> default: Attempting graceful shutdown of VM...

停止(poweroff)したことを確認する。

$ vagrant status
Current machine states:

default                   poweroff (virtualbox)

アップデートする
 ・Vagrant 1.7.2 MAC OS X Universal (32 and 64-bit) [ダウンロード]
 ・VirtualBox 4.3.22 for OS X hosts x86/amd64 [ダウンロード]
 ・それぞれダウンロードしたファイルをクリックしインストールを実行する

アップデートされたことを確認する(Installed Version:が1.7.2)

$ vagrant version
**Installed Version: 1.7.2**
Latest Version: 1.7.2

Vagrantを起動する

$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
  :
==> default: Machine already provisioned. Run `vagrant provision` or use the `--provision`
==> default: to force provisioning. Provisioners marked to run always will still run.

エラーなく起動すればバージョンアップは成功。起動状態(running)を確認する。

$ vagrant status
Current machine states:

default                   running (virtualbox)

ssh接続する

$ vagrant ssh
Welcome to Ubuntu 12.04 LTS (GNU/Linux 3.2.0-23-generic-pae i686)

リモート接続したことを確認(unameで接続ホストを確認)。

$ uname -a
Linux precise32 3.2.0-23-generic-pae #36-Ubuntu SMP Tue Apr 10 22:19:09 UTC 2012 i686 i686 i386 GNU/Linux

完了です。