seedデータの投入方法

  • 7
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

seedデータとは?

railsアプリを作成する際にあらかじめ適当なデータを投入する。このデータベース初期化用のデータをseedデータと呼ぶ。

投入方法

1.dbフォルダのseeds.rbにseedデータを投入するスクリプトを記載する。

db/seeds.rb
Post.create(title: "seedデータについて", body: "seedデータとはダミーデータのことである", category: "プログラミング")

今回はPostモデルに、

* title
* body
* category

の3つのカラムを作成している。

2.ターミナルの操作

$ rake db:seed

これでデータベースに反映される
しかしこれでは1件しかデータが投入できない。この記法で100件分のデータを投入するには100回Post.create()と記載する必要がある。一気にデータを投入したい時には以下の記法を用いる。

db/seeds.rb
100.times do |index|
  Post.create(title: "タイトル#{index}", body: "ブログの内容#{index}", category: "カテゴリー#{index}")
end

kobito.1451459348.177148.png

Rubyのtimesメソッドを用いて100件分のデータを登録できる。