KiCad を(プロキシ環境の)Windows で使ってみる

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

寒くなると電子工作の季節かなと思い,久しぶりに基板の製作をしたくなった.スイッチサイエンスさんが基板製造サービスも開始されたのでだいぶ敷居が下がったと思う.

今までは,Eagle 5 を使ってそれほど不便は感じなかったけど,KiCad 4.0.0 がリリースされたので一度使ってみようと思ったら,嵌まった:expressionless:

チュートリアルで躓いて心が折れそうになった.時期によったら,二度と起動しなくなったと思うが,押しのけ配線が体験したかったので調べてみた.Linux や OS X で試してないのでわからないが Windows のネットワークがよくないのかなと思う.プロキシ環境で KiCad を使う人は少ないのかな.

インストール

KiCad EDADownload から,環境にあったインストーラをダウンロードしてインストールする.

環境変数の Path がおかしいので,Pcbnew を立ち上げて,メニューバーの【環境】→【環境変数の設定】でパスをインストールしたフォルダに書き換える.

トラブル

取り敢えずチュートリアル(KiCadことはじめ)を進めていたら,CvPCb を起動すると,「CvPcb でフットプリント読み込み中にエラーが発生しましたと」と表示され,先に進めなくなった.

適当に検索すると,GutHub のライブラリの統廃合のため,参照先がおかしくなったみたいなことが掛れていたが,エラーメッセージの画面が違った.よくあるプロキシ環境のため,KiCad がお外にいけないのが原因だと netsh winhttp... などもしてみたが,ダメだった.

そろそろ,KiCad を使うのをやめようかと思っていたら KiCad.info Forums が見つかった.

対策

フットプリント(ライブラリ?)をローカルに持って来れば解決するらしい.

KiCad/kicad-source-mirrorの中にそれっぽいスクリプト(library-repos-install.sh)があったので使ってみる.

MSYS2 Shell で作業する.(ディレクトリなどは適当に)

$ mkdir -p ~/Documents/Electronics/KiCad
$ cd ~/Documents/Electronics/KiCad
$ curl -O https://raw.githubusercontent.com/KiCad/kicad-source-mirror/master/scripts/library-repos-install.sh
$ ./library-repos-install.sh --install-prerequisites

を実行して,必要なツールの確認.git,sed,curl が無ければインストールする.
library-repos-install.sh をテキストエディタで開いて WORKING_TREES を変更する.

$ vi library-repos-install.sh
---
WORKING_TREES=${WORKING_TREES:-~/Documents/Electronics/KiCad/kicad_sources}
---

$ ./library-repos-install.sh --install-or-update

ダウンロードが終わるまでしばらく待つ.(sudo 関連のエラーが出るが気にしない.気になる方は,/library-repos-install.shsudo を削除する)

ここからはコマンドプロンプトで作業する.

copy kicad_sources\library-repos\kicad-library\template\fp-lib-table.for-pretty  %USERPROFILE%\AppData\Roaming\kicad\fp-lib-table

最後に システムの環境変数KISMODC:\Users\{ユーザ名}\Documents\Electronics\KiCad\kicad_sources\library-reposに設定する.

取り敢えず,フットプリントとの関連付けが出来るようになったので,チュートリアルを進めることにする.