Slackの新しいフレームワークBotkitを試してみる

  • 120
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

今日、Slackプラットフォームの発表がありました。

http://slackhq.com/post/134878632730/launch-platform

その記事の中に新しいSlackのフレームワークBotkitなるものがあったので試してみました。

Botkitの準備

まずはGitHubからcloneしてきます。

$ git clone git@github.com:howdyai/botkit.git

Slackの設定

以下のリンクからお使いのSlackのチームにbotユーザを追加します。

https://my.slack.com/services/new/bot

適当にbotの名前を入力します。

01.png

画像をアップロードして「Save Integration」をします。

02.png

API Tokenをコピーして、先ほどcloneしたリポジトリに移動して以下のコマンドを実行します。

$ cd botkit
$ token=REPLACE_THIS_WITH_YOUR_TOKEN node bot.js

そうするとdarth_vaderがオンになります。

3.png

試す

適当なチャンネルにbotを招待します。

4.png

あとは、そのチャンネルでbotにメンションするとなんか返してくれます!

5.png

まとめ

いままで、Hubot使っていたのですが、それに比べるとだいぶ気軽に試せていいですね。