「vvvv vj」で検索するとわりといっぱい出てくるのでVJパッチ作ってアドを得る

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ちなみに好きなスプレッドはSphericalSpreadです。

あらすじ

v4でVJをやっている画をよく見かけるようになりました。v4をVJに使う需要の強さを感じるこの頃、自分も作ろうと思いました。ジェネ系ではなく素材を扱うタイプのやつです。gifアニメが好きなのでgifを使います。 (あと昔おなじようなことを動画素材でやろうとしたらグラボがこんがり焼けてしまいもう二度と重い素材は使わんぞ・・・となったのを踏まえて)

VJソフトを使ったことがないうえVJ行為に疎いので実際の操作性や機能は「まあこんなもんか」程度だと思います。

あそびかた

  1. 64bit版のvvvvとaddon packを用意します(ここ)  
  2. パッチをダウンロードします(ここ)  
  3. パッチを開きます
    11.png
     

  4. どこのハードディスクにもあるgifアニメを数十枚くらい用意して、DropBoxウインドウにD&Dすると左下のRendererに読み込まれます。ここで左クリックで選択した素材は上のほうのRendererに反映されるわけです
    https://gyazo.com/a465fb075cea258798ad12ed7fa66c97
     
     

  5. 素材のrendererで中ボタンクリックするとエフェクト切り替えになります
    https://gyazo.com/a6ef37929ba9e61b87660dd9831073f9
     
     
    6.再生速度は負方向にも振れます
    https://gyazo.com/0f00ca296404081e467f9197e18d54fd
     
     
    7.あと限定的ですがnanoKontrol2もってればもうちょっと操作しやすかったり勝手に素材を切り替えてくれたりな機能もついてます。エフェクトが微妙だったり操作性が微妙だったりで気に入らない人はパッチウインドウをCtrl+Eすれば非道いパッチが見れますしいじれますのでいじってください

細かいところ

  • エフェクト系ノードはEnabledでスイッチングすると切替時に瞬間的に描画が止まるのが嫌なので常にオンにしてます、エフェクト操作は実のところ見た目に影響しない値と任意の値を操作してるだけになるのでこれだけでけっこう負荷が高そう

  • わたしの環境では450枚くらいのgifアニメ素材を読み込むのにだいたい30秒くらいかかって、だいたい30fpsくらいでした。無茶はやめましょう。

  • みんな使ってるmcropack(ここ)のGUIDropBox、5人にひとりは使ってるgifアニメ再生用のImageLoader(これ)、ナウなヤングに人気のnanoKon2用のmidiモジュール(こいつ)を使っておりライセンスはそちらに準拠します

  • 思い出したように機能を追加するつもり、ミキサーとかあったほうがそれっぽいかな、いやでもgifっぽいチープさは残したいしあまりリッチなのは。。。

この投稿は vvvv Advent Calendar 20153日目の記事です。