vagrant + virtualboxで作ったRuby環境を他のPCに環境移行する方法

  • 29
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

環境
移行元:iMac os marvericks,vagrant最新,virtualbox(centOS64bit,ruby,sqlite,rails)
移行先:MacbookAir marvericks,vagrant,virtualbox

今回はデスクトップで環境構築した内容をそのままノートPCに移行しました。
今までは外出先ではObjective-cしか弄ってなかったんですが、Rubyも弄りたくなりまして…w

参考にしたのはコチラ
http://qiita.com/kon_yu/items/ac7fb2c5af1cc0844225

移行元と移行先でやることを分けてメモっておきます。

移行元でやること

○package.boxのエクスポート

vagrant package

しばし、待たれよ…w
その間に移行先にvagrantやvirtualboxインストールしちゃってもいいかもです。
最後の一文にpackage.boxの保存先が書かれていますよ♪
僕の場合は…/Users/owner/localdev/package.box ってところでした。

localdevフォルダにvagrantfileとpackage.boxが入っている状態です。

○移行先へファイルを転送

AirDropでさくっと送信して…、移行元での作業は終了です。
localdevフォルダごと移行先PCに送っちゃいましょう、vagrantfileも一緒に送った方が後々に便利です。

移行先でやること

○エクスポートしたファイルを任意のディレクトリに移動

AirDropでファイル転送するとダウロードフォルダに入るので、任意のディレクトリに移動させましょう。
僕はユーザー直下に置きました。初心者なのでわかりやすいように移行元と全く同じところに…w

○vagrantのインストール

http://www.vagrantup.com/
ココからダウンロードするなりよ。

○virtualboxのインストール

https://www.virtualbox.org/
ココからダウンロードするなりよ。

○エクスポートしたboxをvagrantに追加

vagrant box add BOX_NAME ./package.box

※BOX_NAMEには好きな名前を付けるよろし。 僕はlocaldevにしてあります。
念のためboxがあるか確認しましょう。

vagrant box list

localdev (virtualbox)って表示されます。(僕のボックス名はlocaldevです。)

○vagrantfileを編集

先ほど任意の場所に追加したフォルダ(AirDropで転送したフォルダ)に移動します。
僕の場合はユーザ直下なので、そのまま下のコマンドを打ちます。

cd localdev

そして、vagrantfileを編集します。

vi vagrantfile

編集モードに切り替えるのをお忘れなく…。しばらく格闘した経験あり…。何度も言いますがわたくしは初心者です。

そしてvagrantfileの下の部分の「BOX_NAME」を自分の設定したbox名に変更して保存します。

config.vm.box = "BOX_NAME"

僕の場合は config.vm.box = "localdev" です。

これで移行元PCにも同じ環境が構築されたはずです!!

vagrant up

vagrant ssh

完了。

追記:
vagrant内のディレクトリをmacのFinderで表示する為のあれこれはコチラに書いてあります。
http://qiita.com/htk_jp/items/ec140f2492cab8e959d9

一度vagrantを落とすとマウントも解除されちゃうので、都度やる必要があります。
これどうにかならんかな〜。わかる人いたらお願いしますww