プログラマが独立・起業する時によくするミスと対策 まとめ

  • 2490
    いいね
  • 8
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

自分がプログラマから起業して沢山失敗したので、同じミスをプログラマ、エンジニアの方にして欲しくないという想いから、よくある失敗をまとめました。(常に追加中)

プログラマでないフリーランスや起業する方に役立つでしょう。

特に技術だけの経験しかない人は、気をつけましょう。
技術以外の知識、実行能力、実行する時間、経験が必要になります。

未払い: 払ってもらえない

僕も含め、周りのフリーのエンジニアに聞くと9割位が経験したことあるのが、「未払い」です。数百万円や数ヶ月の仕事の努力が、吹っ飛びます。

対策

  • 契約書を必ず作る (少額訴訟などのため)
  • 前金を頂く
  • 細切れに支払いしてもらう(例: 切りのいいところで支払い、毎月貰う)
  • 仕事をした、お願いされた証拠を残す
  • 初めての取引先の場合は気をつける
    • はじめから払う気がない、払うお金がなかったのでは?と思うようなケースもあるので注意 (いつかエスクローで解決したい)
  • 少額訴訟の仕方を知っておく 参考: 【訴状の雛形付き】少額訴訟とは?簡単にお金を回収する方法

怪しいクライアント、怪しい取引と判断するためのパターンや契約書の注意点もあるけど、長くなるので割愛。
あと、契約は瑕疵担保責任に注意。

[営業・交渉]金額の相場を知らず、安く契約する

価格を知らないがために、相場より安い金額で契約してしまうミスです。
価格交渉の仕方を知らない、交渉経験がないため、相手が交渉や営業のうまい人の場合に安く契約してしまうという初期にありがちなミスです。

対策

  • 相場を知る (周りの経験者に聞く)
  • 価格交渉の方法を勉強する (交渉や営業の本を読む)
  • 契約に置ける強い立場、弱い立場を理解して、カードを持つ、強い立場にいられる方法を学ぶ
  • 価格交渉をプロにお任せする

[技術者]技術のことだけしていたいのに独立する

技術が好きで独立した場合、よくあるのが「技術のことばかりしていたい。」という矛盾です。
組織人の場合は何もしなくて済みますが、独立する場合、プログラミング以外に自分で経理、税務、宣伝・営業、人材確保、マネージメント、法務、資金調達の実務をする時間が取られます。さらに上記をするための勉強をする時間が必要です。経営があなたの仕事なら、技術のことは一切できなくなる、経営に集中してくれと株主や別の取締役からお願いされる可能性もあります。

対策

  • 何をしたくて独立、起業するのか?を明確にする
  • 技術だけをやりたいなら、独立しないか、代表にならずCTO等になるか、全部やってくれる人を探す

[技術者]技術的にすごいプロダクトを作ろうとする

僕もやってしまった本当によくやってしまいがちなダメなパターンです。
ユーザや顧客にとって素晴らしいプロダクトを作らないと、誰も使わない「すごい技術のプロダクト」ができあがります。
例えば、凄いCPU、GPU、グラフィックを使った売れないゲームと、2Dでも超人気のゲームがわかりやすい例でしょう。

対策

[技術者]良いプログラムを書いてしまう

汚いプログラムを綺麗にしたり、リファクタリングしたりしてしまうミスです。
自分も汚いコードを見たら修正したくなりますが、目的や優先順位と合わない場合、如何に我慢するか?が重要です。

誰かの指示の下でするプログラミングと、自分で事業をしている場合のプログラミングは、状況が違うのでやり方がかなり違います。事業という観点から見たプログラミングの目的を理解したプログラミングをする必要があります。

対策

  • 事業や顧客の視点を理解する
  • 事業や顧客の視点から見たプログラミングをする
  • プログラミングの優先順位に対するステークホルダーとの利害調整とコミュニケーションをしっかりする

スタートアップにおけるプログラミングの仕方を時間がある時に書くかも。

Kent Beck氏がアジャイルとリーン・スタートアップを含めたスタートアップの開発方法について書いているので、こちらが参考になります。

Startupプログラマの為の新アジャイルマニュフェスト(Kent Beck: beyond agile programming) - Qiita

[起業]事業のアイディアに熱狂する

このビジネスアイディアは、凄い!と思ってしまう病です。
初回の独立、起業でよくあるんではないでしょうか?

現実的には、ほとんどの最初のアイディアは変更されますし、ほとんどのビジネスは数年でなくなります。

対策

  • あくまで仮説ということを理解する
  • ちゃんと何が仮説を分解して一つ一つ検証していく
  • 仮説検証のやり方は、リーン・スタートアップを参照

[技術者]すごい技術から事業アイディアを考えてしまう

技術屋なので、すごい技術を思いついたり、新しい技術が出てくるとそこから事業を考えるという思考をしがちです。ユーザや他の事業リスクも考慮にいれましょう。
世界初、今までにないプロダクトは、認知してもらうのに時間とコストがかかることをお忘れなく

対策

  • ちゃんと技術以外の事業リスクを検証する
    • ユーザの既存の解決方法をちゃんと調べる
    • 既存プレイヤーと、彼らの参入障壁を調べる
    • プロダクトのコスト、顧客の移動コスト、顧客への認知コストを考える
    • マーケットの立ち上がりと事業開始のタイミングを考える

[技術者] すぐにサービスを作ろうとする

アイディアを思いつくと、すぐにサービスを作るためにプログラムを書き始めるという一番起業家がすると言われる失敗です。
よくあるのは、まず開発・リリースしてフィードバックを得ようという間違った考え方です。自分の持っている武器(プログラミング)で問題を解決しようとする間違いです。
そして、リリース後にユーザが集まらず、後にユーザの集め方を学ぶ、というよく見かけるミスです。

対策

  • よく起こる起業の失敗をまとめたリーン・スタートアップや顧客開発を勉強する。なぜ問題でどういう解決方法があるのか?が詳細に書かれています。

[起業]自分にしかできないことを事業にする

自分にしかできない技術を事業にして、プレゼンで競合にはできない(から凄い)とアピールしたりするミスです。
自分にしかできない場合、それは単なるSPOF(単一障害点)です。

対策

  • 属人化を防ぎ、組織としてそれができるようにする
    • マニュアルを書くなど知識を他人に移転できるようにしておく
  • スケールする方法や理由も考える、伝える

[資金調達] 資金調達の知識がなく、ミスをする

特に投資の場合一回株を買ってもらうと、売ってもらうのが非常に困難になるので、気をつけましょう。
資金調達は、融資、投資があります。全く別次元の資金調達方法で、知識もやり方も全く違うので、知っておきましょう。
ビジネスモデルの違いは、大雑把には一言で言うとインカム・ゲインとキャピタル・ゲインの違いです。

融資

  • 融資元: 知人、銀行、日本政策金融公庫、行政機関(区)、クラウドレンディングなど
  • 借りたら返す
  • 貸主がどういう場合に貸すのか、貸さないのかを理解する

投資

投資は、意味を理解していないと後戻りができなくなります。
スタートアップの場合、投資の知識がないとそもそも事業をすることができないという位に話にならないです。
信頼できるファイナンスが分かる方か、インキュベーターに入って手伝ってもらいましょう。

  • 投資元: エンジェル投資家、インキュベーター、VC
  • 投資は、お金返さなくて良い。が、株をあげることになる
  • 一旦投資をしてもらうと、変更しにくいので資本政策を初めに作る
  • 純粋な投資でないが、転換社債、convertible note も有名
  • 最低限理解しておくべき用語: ラウンド(シード、アーリー、レイター、シリーズA)、株の計算方法(DCF)、ストックオプション、Exit戦略
  • VCのビジネスモデルを理解しておく。ファンドの組成元、期限、延長。キャピタル・ゲイン目的とCVCの事業シナジー目的の違い。
  • 相場感(インキュベーターは、数百万円で数%の株式取得。シリーズAあたりの時価総額、数億円など)
  • VCと企業は利益造反するが、一緒の船に乗って協力する仲間でもあります。交渉やコミュニケーションに注意
  • 投資をする側と投資を受ける側だと見え方が真逆なので、投資を受けたことのあるファイナンスに詳しい起業家の方か、両方の経験のある方からのアドバイスを受けられるのがベスト
  • 資本政策の作り方

上記、ほんの一部で落とし穴が沢山あるので、信頼できるプロに相談しましょう。

クラウドファンディング

クラウドファンディングによる資金調達もあります。
これは、投資型、寄付型、購入型があります。
Kickstarterは、日本のチームでも数億円規模の調達例がありますが、アメリカに組織がないとダメとのことです。

  • 寄付元: Kickstarter, キャンプファイヤー

暗号(トークン、通貨、株)で資金調達

新しすぎて色々な知識が必要であったり、法的リスクもあるので利用は勧めませんが、参考程度に。
暗号トークン(通貨、株)を販売、発行して、資金調達する方法です。
例えば、MaidSafeプロジェクトは5時間で6億円相当、Ethereumは、15億円相当を暗号通貨で資金調達しました。
2014年4月位から暗号通貨系のCrowd Sale(ICO)は、かなり行われています。
最近は、暗号通貨専門のクラウドセール・プラットフォームも幾つか出てきています。(Koinifyなど)

参考資料

[資金調達] 創業仲間との株の話

株を沢山持っている創業仲間が会社を去る時に、株をどうするのか?で揉める問題

解決方法

[マーケ] 事業開発の知識や経験がなく、需要のないものを作る

まず、サービスやプロダクトを作ってから、売ろうとするというミスです。
起業家がよくするミスとして、世界的に有名です。

対策

  • 需要の確認をするか、顧客開発をしましょう
  • 需要があるかわからない場合は、特にリーン・スタートアップを理解しておきましょう。

[マーケ] マーケティングを知らず、売れないものを作る

「作ったけど、売れない」というよくある失敗です。
Webサービスを作ってリリースしたけど、ユーザが増えないというミスです。増えない経験をしてから、ユーザを増やす方法を一生懸命勉強するパターンです。

対策

  • 作る前にマーケットについて理解しておきましょう
  • 作る前にユーザが増える仕組みを知って、対策をしておきましょう
  • Webサービスなら、Webマーケティング、アプリならユーザ導線のの基礎位は知っておきましょう。(SEO、広告の種類とか)
  • マーケティングの本当の基礎の基礎をリリース前に勉強しておきましょう
    • ターゲット
    • セグメンテーション
    • チャネル
  • マーケティングのプロに任せましょう
    • 彼らはどこで何をすると、どのような機能をつけるとユーザが増えるのか?を実際に実行して良く知っています。そのような知人がいると本当に心強いです。
  • ユーザ獲得とリテンション率向上は、別物ですが、AARRR、リーン・アナリティクスなど基本的なKPIは何か位は知っておき、補足しておきましょう。

[人事] 人材の確保ができない

思ったように人を集められないという問題です。
事業の最初は、小さく信頼も実績もないことがほとんどでしょう。それでも、自分や自分の会社でやってもらえるメリットを提示できないといけません。
人材を集めるための広告費や人材の費用もない場合が多いでしょう。

対策

  • 他人にとってのメリットを考えましょう
  • 人を巻き込む能力を身につけましょう
  • 人間力、コミュニケーション能力を常に鍛えておく
  • 人が協力してくれるような自分になっておきましょう
    • 何をしてきたか?という実績をちゃんと積み上げていく

[PM]プロジェクト・マネージメントの知識、経験がなく失敗する

チームの中でしか作ったことがない、マネージメントをしたことがない、プロジェクト・マネージメントの知識がないために、プロジェクトが遅れたり失敗するというミスです。
プロジェクトのリスクや見積もりがちゃんとできないと、工数が思った以上かかる赤字プロジェクトのできあがりです。

対策

  • まずは、プロジェクト・マネージメントの基礎を勉強しよう
  • 大雑把に以下を意識しましょう
    • 統合マネジメント
    • リソース管理
    • 時間管理
    • スコープ管理
    • リスク管理
    • 品質管理
    • ステークホルダー管理

[営業]営業をしないので、仕事がこない

営業をしないため、仕事がそもそもやってこないというミスです。

解決策

  • 営業をしなくてもよいビジネスモデルを作る
  • 自ら営業をする
  • 営業ができる人にお願いする
  • フリーランスならエージェントのサービスを利用する

[経理]経理を知らないので、期末に慌てる

経理や仕訳の仕方をよくしらない

対策

  • 経理、仕訳のサービスを利用する
    • freee、 money forward などのWebサービスで仕事用の口座と同期して、自動仕訳、自動経理する
    • 証票を送ると経理、仕訳してくれるサービスを利用する
  • 税理士さんにお願いする
  • 自分で勉強して、自分でやる

[法務] 法務を知らずに法的リスクをおってしまう

必要になる場面: 登記、契約、著作権、雇用・解雇、資金調達

  • 会社設立、株や役員変更時に法務局に突っ返される
  • 不利な取引契約、リスクを負う取引契約をしないため
  • 投資契約でミスをしないため
  • Webサービスなら、利用規約で法的リスクを負わないため

対策

[法務] 契約の種類と内容を知らずに、契約を結びリスクを追う

請負契約、準委任契約、派遣契約とそのリスクを理解しないで契約してしまい、余計な業務や責任を追ってしまう失敗

対策

[税務] 消費税

契約金額で消費税を決めておらず、不利な方の内税、外税を後から言われる

対策

  • 先に消費税はどうなるのか?決めてから契約する

起業時に電話番号をオープンにする

会社作った時に電話番号を公開するというミス
法人設立時に電話番号が公報にのって、営業の電話がかかってきて無駄な時間を取られます。

対策

  • 電話番号を公開しない
  • 信頼できる人のみに教える
  • Webサイトの問い合わせのみにする

[マネージメント] 外注して失敗する

外注の見積もりと、外部とのプロジェクト・マネージメントは難しいので要注意です。相手と利益造反するので、ちゃんとしたコミュニケーションが必要です。
外注の方が逃げる、期限直前でやってませんでしたと言う、思っていたものと違うものが出来上がってくるなどのミスを防ぐマネージメントをしましょう。

対策

  • 先方の担当者が、技術を理解して見積もりができそうか?を判断する
  • 他に外注を受けた経験があるか?を確認する
  • プロジェクト・マネージメントの知識・経験がありそうか?チェックする
  • 仕様や意図を明確に伝える
  • 適宜意図をチェックする
  • 適宜進行をチェックする
  • 別の2つところにお願いしてリスクヘッジする

[マネージメント] 外注の仕事を受けて失敗する

外注を受ける場合、プロジェクトや進行の責任者は誰なのか?を明確にした方がいいでしょう。
お互いの「普通こうするだろ」が、コミュニケーション問題を起こすことが多いです。共通認識があるかを適宜確認しましょう。

対策

  • 先方の責任者は技術を理解しているか?を判断する
  • 先方の責任者が、プロジェクト・マネージメントを理解しているか?同じようなプロジェクトの経験はあるか?を確認する
  • 上記がない場合、ちゃんとプロジェクト・マネージメント説明するか、別のリスクヘッジをする
  • プロジェクト・マネージメントの責任者を先方の側に置く
  • 自分もちゃんとプロジェクト・マネージメントを勉強して、リスク管理をする
  • 先方のビジネス状況の変化や、担当者の変更に気をつける
  • もちろん支払いをしてもらうように気をつける
  • 瑕疵担保責任に気をつける

[コミュ] 技術がわからない人とのコミュニケーションのミス

急に技術畑でない人と話することになり、当たり前と思って話したり、常識が通じなかったりするコミュニケーション上の失敗です。

例えば「プロなのになんで不具合があるプログラムを納品したの?」と普通に考える人とどのようにコミュニケーションを取るか?という問題です。

対策

  • 技術がわかる人やお客さんとやるのが一番安全で楽
  • 先方に技術が理解できる人がいない場合、先方側にも技術の分かる、できれば経験のある人を立ててもらう(現実的には無理な場合が多いとおもいますが)
  • 技術が分かる人がいない場合、技術料やリスクヘッジのために料金をあげたり、スケジュールに余裕を持たないと痛い目にあう可能性が高いと思います

[コミュ] 技術しかわからない自分のコミュニケーションのミス

上記の逆で、自分が◯◯がわらからない人の立場になる場合のミスです。
銀行、投資家、マーケター、営業、経営、デザイナーの言語が話せなくてはいけない場合があります。
なかなか自分では気付きにくいですが、他のプロとコミュニケーションのミスを犯しがちです。

対策

  • 他のプロの分野の勉強をして会話ができるようにする
  • 信頼できるプロに任せる

[経営] 無駄に事業計画書を作ってしまう

事業をするには、まず事業計画書を作りましょう、みたいな言説に騙されて、よくわからず事業計画書を作って時間を無駄にするミス。

対策

  • 事業計画書を作る目的と意味(資金調達?仲間の説得?)を明確にする
  • 作るタイミングをちゃんと理解する
  • ちゃんとした事業計画書を作るには、1,2ヶ月かかります。立ち上げ期の重要な時期に、時間的コストに見合うか考えましょう
  • モックもなし、ユーザもなし、売上もないのに事業計画書を作るより、「ユーザいます」「売上あります」の方がよっぽど説得力があるので、プログラマなら事業計画書より先にプロトタイプなりサービスを作るべし

[創業準備]会社員の時に、会社の人と何も考えず接する

会社員の時に会社の人と何も考えず仕事をしてしまうミスです

対策

  • 会社の人は、自分こと(仕事の仕方や信頼性)を良く知っている重要な「見込み客」である場合が多いです。あなたを信頼している場合、仕事をもらえたり、紹介してもらえる可能性は高いでしょう
  • 重要な見込み共同創業者です。一緒に起業しようと言って断れれるような状況だと、色々と困るでしょう
  • 初期の資金調達元の可能性の高い人々でもあります
  • 辞める時に引き止められるなどの行動を引き出せる状況が理想です。そうでない場合は、あまり評価されてないなど仕事やコミュニケーションに何か問題がある可能性がありますし、仲間を増やすのも難しい原因があるかもしれません。
  • 安定収入があり収入証明ができるうちにクレジットカード、ローンカードを作っておくと助かることがあるかもしれません

つまり、会社員の時点でも仕事や人として信頼されることが重要です。

[PM]工数見積もりの失敗

プログラマなので、プログラミング関連の工数しか見積もらないという失敗。
何かトラブった時に、工数も時間もなくなって、必死に働いて解決するという選択肢しか取れなくなるパターン。

対策

  • 進行(プロジェクト・マネージメント)の工数を考慮に入れる
  • 人的リスク(辞める、病気になる等)の工数を考慮に入れる
  • ミーティングやコミュニケーションの時間、工数を考慮に入れる
  • ドキュメントを書く工数も考える
  • 見積もり方法を学ぶ

[健康] 働きすぎて、体を壊して何日も休む

起業したてでやる気もパワーもあるから、運動もせず一日16時間以上休みなしで仕事をしまくった結果、結局体を壊して休んで意味がないという失敗

  • 起業の場合、休みのある短距離走でなくずっと走り続けるマラソンです。
  • フリーランスの場合、休むと稼ぎが0になるなら、「体壊す」 = 「収入なし」です。会社は守ってくれません。労働基準法や、雇用保険はありません。
  • フリーランスだと激しく働き、数ヶ月休むというパターンもある
  • 自宅作業の場合、家を出ない、誰とも話さないなど精神的な不健康に注意
  • 鬱で数年休むとか、病気や事故でも痛手となります

対策

  • 運動をスケジュールに組み込む
  • 休むのも仕事
  • 自分が休んだ場合のリスクヘッジもしておく
    • 仕事が廻るようにしておく (ドキュメントを書くなど)
    • お願いできる人を増やす
    • 信頼できる人にお願いしておく
  • 旦那、嫁や保険でリスクヘッジ

早めに体力・精神力の限界を知っておくのも良いかも知れません。
その後、限界から自分のマネージメントができるようになったり、限界を上げたりできるようになります。

[健康] 精神的に落ちる

利益が対立することが多く、それを調整する立場になります。
金額でもめる、品質でもめる、スケジュールでもめる、方針でもめる、給与でもめる、現金がなくなる、激しく働かざるを得なくなる、人が辞めたり、問題起こしたり、喧嘩したり、首にしたり、裏切られたり、問題を起こして叩かれたり、訴えられたりと、様々な状況で色々なイベントが起きることでしょう。タフでないと続けれらないでしょう。

対策

  • 精神力も鍛えておく
  • 体力が落ちると、精神力も落ちるので体力もつけておく
  • 自分なりの息抜きの方法と、休む方法を確立する

[創業準備] 収入源が決ってないのに起業する

先に確実に買ってくれる顧客や仕事をくれるクライアントを決めておかず、起業して毎日貯金を切り崩していく恐怖と戦うミスです。

対策

  • 先に確実に収入がある状態にしておく
  • 先に顧客を確保しておく
  • 副業でやる、週3回働く、など半分収入を確保しながら、半分本業の仕事をする
  • 借金をせず投資を受ける

無駄に人に会って時間を無駄にする

ブログを書いていたり、会社社長をしていると会いたいという人が現れます。会っても大抵時間の無駄です。

対策

  • 会って時間を使うのであれば、アウトプットを明確にしてから会いましょう
  • 時間を使うなら、時間というコストに合うリターンを得られるか?を意識しましょう
  • 大手VCさんは新しい会社ができると若手が営業アポをとります。自社が凄いわけじゃないです。そして、最初に合った人が担当になることが多いので注意
  • 単に興味があるとか、相手にとってメリットがあるだけの場合が多いので、事前に判断しましょう
  • 逆に人に会う場合は、相手の時間というコストに見合うものを自分が提供できるのか?を考えましょう

[資金調達] なにかと秘密にする

アイディアを盗まれるんじゃないか?と思って秘密にしたり、NDAを結んで下さいと言ったりするミスです。

対策

  • 全部オープンにしましょう。仮説を仮説のままにするのではなく、オープンにしてフィードバックをもらいましょう
  • 「素晴らしいアイディアにほとんど価値はなく、実行することに価値がある」というのが、ほぼ常識になっています
  • 投資家にNDAを結んで下さい、と言ったら投資のことを知らない人だと思われます (投資家が同じような他の投資案件に投資する機会を失います)
  • 特許は、一部を除き回避されるので無意味とされることが多いです。
  • ほとんどの事業は、儲かると分かった時点でマネをされます。大手が巨額資金を使って市場参入した時の対策など、参入障壁を考えるのが自分の仕事です

上記ほぼ常識になっています。詳しい理由を知りたい場合は、ググって下さい。

起業の工数がわからない

起業をしたら、どんなことにどのくらいの時間が取られるのかが、検討つかず、思った以上に時間を取られる。つまり、開発が遅れたりするミス
一年位ほぼ雑用と言う方もいらっしゃいます

対策

  • 現状、自分で一回経験するしかない
  • 時間があれば、どれにどの位の時間がかかるのか?をリストアップと工数を出してみたいと思います

人前でのプレゼンが得意でない

代表なのでプレゼンをする機会も多いでしょう。

対策

  • がんばれ
  • 他の人にやってもらう(あんまりあり得ないけど)

最後に

必要な知識のまとめ

その道のプロにお願いするにしても、最低限の知識がないと会話ができなかったり、リスクがあるので知識を得ましょう。

  • 起業・スタートアップ (リーン・スタートアップ、顧客開発、市場、ベンチャーファイナンス)
  • 経営 (ランチェスター戦略)
  • マネージメント(プロジェクト、ステークホルダー)
  • ファイナンス
    • 資金調達(助成金、融資、出資)
    • 会計・財務(B/S、P/L、キャッシュ・フロー)
    • 税務
    • 経理(経費、仕訳、簿記)
  • マーケティング (Web、アプリ、B2B)
  • 営業
  • 広報・宣伝
  • 法務(登記、商法、契約、著作権等の権利)
  • 人事(雇用、人事評価制度、給与、勤怠管理、解雇)
  • 業界の知識、トレンド、市場の動き

知っているといいこと

  • プレゼンの技術
  • 交渉の技術
  • 総務
  • デザインの基礎

上記の知識を、仕事をしつつ、最新の技術の勉強をしつつ、業界のトレンドの追っかけながら、身につけていく必要があります。(マラソンしながら、勉強しているイメージ)
数年で一人で全部やるのはほぼ無理でしょうから、他人にお願いしつつ、失敗しながら学ぶことになるかと思います。

顧客開発、マーケティング

  • 大抵の事業の失敗は、需要がない、入金がないために資金がなくなるパターンではないかなと思うので、顧客開発、マーケティングをちゃんとやりましょう

起業・フリーランス仲間

  • 事業を行うのに必要なアドバイスをしてくれる先輩起業家、メンターがいると一番心強いです
  • フリーランス、起業家ともに苦労を理解してくれ、協力してくれる仲間がいると、事業としても精神的にも救われます
  • 表に出ない旬でリアルな情報が沢山出てくるので、定期的に会うのも良いと思います (個人的にはグループを作って定期的に会っています)

仲間探し、メンター探しの方法が書いてある文章ありましたら、教えて下さい。

人に対する理解

  • 仲間集めも、資金集めも、営業も、何かを売るのも、どれだけ人を理解していて、対応できるか?なので、そこの能力を上げる努力も必要だと思います。
  • 結局、仲間探しも、仕事もらえるのも、支払いしてもらえるのも、資金調達も「自分を信頼してもらえるか?」「相手は信頼できるか?」に集約できると思います。
  • 人は、プログラミングと違い、思ったようにも書いたようにも動かないことが多いです。仲間を増やしたり、仕事を増やしたり、仕事をしてもらったり、お金を出してもらうために、人に対する知識、能力、技術を身につけることがかなり重要かと思います。
  • 1937年に書かれた名著です。基本なので読んでおきましょう。 人を動かす - Wikipedia

書かなかったこと

実際に会って話さないと出てこない話が、沢山あります。
情報を知っているだけでかなり状況が変わることもあります。情報持っていて、なおかつ秘密にせず話してくれるような方がいると、素敵です。

同時に自分もそのような情報を持つ人間で、情報を提供できる側になれるようにならないといけないでしょう。

  • 市場状況: どこが儲かっている、どのような人材に需要があるなどの情報
  • どこの会社、投資企業、サービスは問題がある、という話。(訴えられる可能性があるので)
  • どのような人は、危ないという傾向があるのか?とその判断方法 (僕がやりにくくなるので)
  • どのような人にアドバイスを聞くべきでないか?という判断方法
  • どの人材紹介会社さんがいい?的な情報
  • どの企業、どの人がどんな事業をしようとしているのか?の情報

今後書きたいこと

  • プログラマ視点で、どのようなフリーランスさんや企業さんだったら、働きたいと思うか?
  • どのような企業、案件は、地雷か?の判断方法
  • 日本語の本や起業情報でリアルで役だったものは、個人的にはほぼないです。(だから、よくある失敗を自分もしてしまった。)英語情報の方が、役に立つことが多いと思います。(いつか良い英語情報リストを書くかも)

感想

  • 知人が起業したいというので、とりあえず思いついたものを、ざざっと書いただけ、から、かなり思いついたものを随時追加しています
  • 上記、仕事しながら理解しようとすると2,3年位かかる気がします。理解してそこそこできるようになるのに5,6年かかる印象です
    • プログラマの成長と一緒です。知識だけで数年。実務はさらに数年は必要かと。
  • プログラマが関わっているのは、ビジネスのほんの一部でしかないという痛感。仕事を作れるフリーランスや社長は凄いと思うようになりました。
  • 経営、マーケティング、営業などのプロの方々は、本当にその道のプロ。技術と同じく沢山の知識と経験を持っており、ビジネスという点では非常に重要です
  • はてブに、起業仲間がいれば解決する問題が多いという指摘がありましたが、まさにその通りだと思います。技術者の欠点を補う仲間がいれば、ほとんど解決すると思います。ただ、その別ジャンルのスペシャリストの「信頼できる」仲間探しが結構難しいかも知れません。
  • 詳細を書いたら、一冊の本になりそうな位のボリュームになってきた。本を書いたら世の中のためになるなら、本を書くかも。(オープンソースなり、Kindle出版なり)
  • 本音を言うと、僕が起業する前にこういう情報や本があったらこんなに失敗しなかったのに、こんなに無駄にお金と時間を使わなかったのに、と思っています。(お金にしたら、数十万〜数百万円は違っただろうと。)
  • この情報がフリーランスの方や起業する方のお役に立てて、もっと独立・起業する方の苦労やコストが減って、みんなの成功確率が上がればいいなと思います。
  • 自分に余裕が出てきたら、上記のようなフリーランスや技術者の起業に関する問題を解決する活動なり事業をしたいと考えてます。