Homebrew + lightline.vim で powerline フォント

  • 3
    いいね
  • 0
    コメント

ネット上の記事を読んでやったら情報が古いのかうまくいかず、ちょっと面倒だったので自分用メモ。

Ricty をインストール

sanemat/font を tap すると brew で Ricty をインストールできるようになるので、powerline パッチを当てつつインストールする

$ brew tap sanemat/font
$ brew install ricty --with-powerline

成功すると「コピーしてキャッシュ消してね」みたいなことを言われるのでその通りに実行する

$ cp -f /usr/local/opt/ricty/share/fonts/Ricty*.ttf ~/Library/Fonts/
$ fc-cache -vf

lightline.vim の設定を変更

itchyny/lightline.vim にも書いてることだけど、lightline.vim の設定でセパレータの文字を powerline 用に設定する必要がある

~/.vimrc
      \ 'separator': { 'left': "\ue0b0", 'right': "\ue0b2" },
      \ 'subseparator': { 'left': "\ue0b1", 'right': "\ue0b3" }

ここが間違って vim-powerline 用の設定になっていたりするとうまく表示されない

動作確認

vim を起動してみる