ATmega328P に 8MHz 版のブートローダーを書き込む

  • 2
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

ブートローダーを焼ける ようになったので、8MHz 版も焼いてみる。昔の Arudino IDE には付属してた(?) みたいだけど、1.6.5 には 8Mhz 版のボード設定が無いので作る。

に書いてあるとおり、 breadboard-1-6-x.zip を落とし、Arduino のスケッチフォルダ(Mac なら標準だと ~/Documents/Arduino/) に mkdir hardware して、breadboard-1.6.x をそこに解凍し、Arduino を再起動するとボードの欄に ATmega328 on a breadboard (8 MHz internal clock) が増えている。のでそれを選択して「ブートローダを書き込む」で焼ける。

ard.png

最初ありがたみがよくわからなかったんだけど、ATmega328P を単体のマイコンで使う場合、クロックが 8MHz だと外部水晶を必要としない & 3.3V の機器しか扱わない(i2cデバイスは3.3Vのことが多くて、5Vだと結局3.3Vも用意することになる)ならこれはこれで便利。