android-apt becomes obsolete

  • 33
    いいね
  • 0
    コメント

これまでAndroid開発でannotation processingを実行したい場合はhvisser/android-aptを利用するのが王道となっていましたが、Android Gradle plugin version 2.2から公式にサポートが開始されました。

Migrationのwikiを見れば移行はスムーズである事が分かるかと思います。基本的にはaptannotationProcessorに置き換えるだけで利用できます。

DroidKaigi2016のリポジトリにもPRを作りましたので合わせて参照下さい。

機能面では原則同等のものが提供されており、android pluginの方ではjavacjack両方に対応しています。

現在認識されている問題としては、Test configurations絡みのバグがある事とAndroid Groovy pluginをサポートしてない事が挙げられていますが、今後は原則として公式の機能を利用していった方が良さそうです。