CtrlP と Denite の使い分け #Vim

  • 5
    いいね
  • 0
    コメント

私の環境(Windows)では Denite の起動時間が比較的長い(1秒以下だけど)ため、候補が少ない場合は CtrlP, 候補が多い場合は Denite を使っている。
そのほか、使いたいコマンドがある場合、Denite の fuzzy matcher (スペース区切りで複数のマッチングができる)を使いたい場合にも Denite を使っている。

やりたいこと プラグイン マッピング コマンド 補足
バッファの選択 ctrlpvim/ctrlp.vim <Leader>b CtrlPBuffer -
MRUから開く ctrlpvim/ctrlp.vim <Leader>u CtrlPMRUFiles -
セッションの保存、選択 pielgrzym/ctrlp-sessionss <Leader>fs CtrlPSessions Windows で動かなかったので自分用に少し手を加えている hokorobi/ctrlp-sessionss
メニューからコマンド選択 mattn/ctrlp-launcher <Leader>fm CtrlPLauncher よく参照するファイル、Gist、コマンドなどを登録している。
ヘルプの検索 zeero/vim-ctrlp-help <Leader>fh CtrlPHelp -
タグジャンプ ivalkeen/vim-ctrlp-tjump <c-]> CtrlPtjump -
Everything を使ってファイル選択 ompugao/ctrlp-locate <Leader>e CtrlPLocate Everything のコマンドライン版 es を呼び出している。
function を選択 tacahiroy/ctrlp-funky <Leader>fu CtrlPFunky -
バッファのディレクトリ配下からファイル選択 Shougo/denite.nvim <Leader>ff DeniteBufferDir -cursor-wrap file_rec -
バッファ内から選択 Shougo/denite.nvim <Leader>/ Denite -cursor-wrap line -
Vim プラグインのファイルから選択 Shougo/denite.nvim <Leader>fr Denite -cursor-wrap file_rec:~/_vim/dein/repos -

ctrlp-launcher の例

_vimrc.local    exe('edit '.g:vimrc_local)
plugins.tml edit ~/vimfiles/rc/plugins.tml
Gist    Gista list
hoge - Gist exe('Gista open '.g:gist_hoge_id.' filename.md')
MRU CtrlPMRUFiles
edit ft snippets    exe('edit ' . expand('~/vimfiles/snippets/' . &filetype . '.snippets'))