ESP-WROOM-02を動かしてみた

  • 31
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

電子工作クラスタで話題の無線LANモジュール内蔵SoCであるESP8266EXですが、技適を通ったパッケージであるESP-WROOM-02が出たので、ブレイクアウトボードを買って動作確認までやってみました。Cerevoさん公式ブログ「技適済みWi-Fiモジュール「ESP8266」で始めるIoT入門(ブレイクアウトボード実装編) | Cerevo TechBlog」をなぞるような内容です。

準備

  • ESP-WROOM-02
  • TTL-シリアル変換モジュール
    • FT232RLモジュール(eBayで3ドル弱)を利用
  • 3.3V出力の三端子レギュレータ
  • 10kΩ抵抗2個
  • ブレッドボード400穴
  • 適当なジャンパ線

ちなみにFT232RLモジュールの3.3V電源は最大電流50mAなので使えません。実際に試したところ、FT232RLモジュールがチカチカし続けて何もできない状態でした(再起動を繰り返していると推測)。

ハンダ付け

ブレイクアウトボードのハンダ付けは非常に難しかったです。私は2.54mmピッチでさえ吸い取り線のお世話になるレベルの初心者なので、上級者ならスイスイできるのかもしれません。

マスキングテープは手元にあった適当なものを使いましたが、紙製の方が良かった気がします。

配線

配線後の写真が下記です。

esp-wroom-02.jpg

  • FT232RLのジャンパピンを3.3V側にする
  • ESP-WROOM-02ブレイクアウトボードのジャンパピンをFLASH Boot Mode側にする
  • 全てのGNDピンをブレッドボードのGNDに接続
    • FT232RLから2本
    • ESP-WROOM-02のGND3本(9番、13番、18番ピン)
    • TA48M033FのGND
  • FT232RLの5V出力をTA48M033FのVINに接続
  • TA48M033FのVOUTをブレッドボードのVCCに接続
  • ESP-WROOM-02の3V3(1番ピン)をブレッドボードのVCCに接続
  • データシートの通りにコンデンサを入れる
    • TA48M033FのVINとGNDの間に0.1μF積層セラミックコンデンサ
    • TA48M033FのVOUTとGNDの間に47μF電解コンデンサ(極性に注意)
  • ESP-WROOM-02の2番、15番ピンを10KΩ抵抗でプルアップ
  • RXD(FT232RL)<->TXD(ESP-WROOM-02,12番ピン)
  • TXD(FT232RL)<->RXD(ESP-WROOM-02,11番ピン)

動作確認

シリアル接続してESP-WROOM-02の動作確認をしてみます。Arduino IDEの「ツール」「シリアルモニタ」を使って確認してみましょう。設定を「CRおよびLF」「115200bps」にする必要があるかと思いますので、注意してください。

バージョン情報の確認

まずはATと打ってOKと帰ってくることを確認します。

AT

OK

次にAT+GMRでバージョン情報を確認します。ATコマンドとSDKのバージョンが帰ってくるようです。

AT+GMR
AT version:0.25.0.0(Jun  5 2015 16:27:16)
SDK version:1.1.1
compile time:Jun  5 2015 21:03:10

OK

AP接続の確認

無線LANアクセスポイントでMACアドレス制限をしている場合、まずはESP-WROOM-02のMACアドレスを確認・登録します。

AT+CIPSTAMAC?
+CIPSTAMAC:"00:00:5e:00:53:ae"

OK

次にStation mode(無線LAN子機モード)にします。

AT+CWMODE=1

OK

そしてSSIDとパスワードを入力してAPに接続します。試したところ、WPA2-PSK(AES)で接続できているようです。

AT+CWJAP=”SSID”,”PassWord"
WIFI CONNECTED
WIFI GOT IP

OK

DHCPで取れたIPアドレスその他の情報を確認します。

AT+CIPSTA?
+CIPSTA:ip:"192.0.2.38"
+CIPSTA:gateway:"192.0.2.1"
+CIPSTA:netmask:"255.255.255.0"

OK

どうやら問題なく動いているようです。やったね!

ATコマンド一覧