HomeBrew で Mac に Docker を入れてみた

  • 46
    いいね
  • 0
    コメント

boot2docker を使う方法は既に古く、公式どおり Docker Toolbox をインストールする方が良いです。
https://www.docker.com/products/docker-toolbox

因みに、近い将来リリースされる予定の Docker for mac で、更に手順が変わる事になります。
https://blog.docker.com/2016/03/docker-for-mac-windows-beta/

少し前にDockerでMacがサポートされて、homebrewでインストール出来るようになったと聞いて。取り敢えず触ってみたメモ書きです。詳しい説明はしませんし出来ません。なるべくシンプルに行ったことを書きます。

環境は Mac OS X 10.9.2 (Marvericks) + Homebrew 0.9.5 + VirtualBox 4.3.6です。

homebrew で boot2docker をインスコ

boot2docker をインストールする。

brew update

brew tap homebrew/binary
brew install docker boot2docker

boot2docker-vmの準備

Macでdockerするために必要ななにか。

boot2docker init

boot2docker up

boot2docker ssh

最後のssh接続は特に不要ですが動作確認として。
パスワードはtcuserで入れます。
特にやることないのですぐにexitします。

dockerコマンドの確認

ちゃんと動くか確認です。

export DOCKER_HOST=tcp://localhost:4243

docker version

私の環境ではこんな感じの表示になります。

Client version: 0.10.0
Client API version: 1.10
Go version (client): go1.2.1
Git commit (client): dc9c28f
Server version: 0.10.0
Server API version: 1.10
Git commit (server): dc9c28f
Go version (server): go1.2.1
Last stable version: 0.10.0

コンテナを入れたり上げたり消したり

取り敢えず覚えておくことはこの3つです。

コンテナのインストール
docker pull ubuntu

コンテナの起動
docker run -i -t ubuntu /bin/bash

コンテナの削除
docker ps -a -q
docker rm `docker ps -a -q`

CentOSも入れてみる

私は主にサーバサイドの構築でCentOSやAmazon Linuxを触る事が多いので、centosを入れてみます。実は docker pull は省略しても勝手にpullされます。

docker run -i -t centos /bin/bash

参考にさせて頂いたサイト

dockerが正式サポートしたOS Xの環境を構築してみた! | Act as Professional - hiroki.jp

boot2dockerでdockerを試す - @znz blog