Windows8.xのmodern.IEで日本語を入力、表示できるようにする。

  • 76
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

VirtualBox - modern.IEのWindows 7で日本語の表示と入力をできるようにする - Qiita [キータ]に続いてWindows 8.xでも日本語環境をセットアップします。今回はIE11 - Win8.1のVMで試しました。

手順は言語やキーボードを追加する - Microsoft Windows ヘルプに説明がありました。

なお、以下の手順ではキーボード ショートカット - Microsoft Windows ヘルプで見つけたショートカットキーを使っています。

タイムゾーン設定

  1. Windows+Iキーを押して設定チャームを開き、画面右下の[Change PC settings]をクリックします。
  2. [PC Settings]画面左の[Time and language]をクリックします。
  3. [Time and language]画面左で[Date and time]が選択された状態で、画面右の[Time zone]ドロップダウンで[(UTC+09:00) Osaka, Sapporo, Tokyo]を選びます。

日本語環境をセットアップ

  1. Windows+Iキーを押して設定チャームを開き、画面右下の[Change PC settings]をクリックします。
  2. [PC Settings]画面左の[Time and language]をクリックします。
  3. [Time and language]画面左で[Region and language]をクリックします。
  4. 画面右の[Country and region]ドロップダウンを[Japan]に変更します。
  5. [Language]セクションで[Add a language]をクリックします。
  6. [Add a language]画面で[日本語]をクリックします。
  7. [Time and language]画面に戻ると[Languages]セクションに[日本語]が追加され、その下の表示が[language pack available]に切り替わります。
  8. [日本語]をクリックし、[Set as primary]ボタンを押します。
  9. 再度[日本語]をクリックし、[Options]ボタンを押します。
  10. [日本語]画面の[Download language pack]の下の[Download]ボタンを押します。
  11. Windowsキーを押してStart画面を表示し、右上のIEUserをクリックし、ポップアップメニューの[Sign out]を押します。
  12. マウスをクリックして、サインイン画面を表示し、パスワード欄にPassw0rd!と入力してエンターキーを押します。
  13. Start画面のStartが日本語で「スタート」と表示されていればOKです。

これで、日本語を入力、表示できるようになりました。