softwarecollections.orgからphp 5.5をCentOS6/7にインストール

  • 9
    いいね
  • 3
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

CentOS6用のSoftware Collectionsにはphp 5.4はあるが5.5は無い

RHEL用のSoftware CollectionsにはChapter 1. Red Hat Software Collections 1.2のようにphp54とphp55というパッケージがあります。

一方、CentOS6用のSoftware CollectionsにはAdditionalResources/Repositories/SCL - CentOS Wikiのようにphp54はありますが、php55はありません。

CentOS7用の標準パッケージだとphpは5.4で、CentOS7用のSoftware Collectionsはまだ無いようです。

softwarecollections.orgにphp55というパッケージがあってCentOS6/7対応でした

ググっていたら CentOS • View topic - SCL/RHSCL for CentOS 7経由で Php55 — Software Collections というパッケージを見つけました。

CentOS 6でphp55とphp55-php-fpmをインストールする手順は以下の通りです。

sudo yum install -y scl-utils
sudo yum install -y https://www.softwarecollections.org/en/scls/rhscl/php55/epel-6-x86_64/download/rhscl-php55-epel-6-x86_64.noarch.rpm
sudo yum install -y php55 php55-php-fpm

CentOS 7でphp55とphp55-php-fpmをインストールする手順は以下の通りです。

sudo yum install -y scl-utils
sudo yum install -y https://www.softwarecollections.org/en/scls/rhscl/php55/epel-7-x86_64/download/rhscl-php55-epel-7-x86_64.noarch.rpm
sudo yum install -y php55 php55-php-fpm

softwarecollections.orgはRedHatではなくコミュニティによる運営

Php55 — Software Collectionsのページには Php55 by Software Collections — Software Collectionsと書かれていて、このパッケージの作成者はrhsclというアカウント名になっています。

アカウント名からはRed Hat公式なのか?とも思ったのですが、Software Collections — Software Collectionsホームページの"Collections Supported by Red Hat"のセクションを見ると、RedHatが有償サポートしているのは、あくまで Red Hat Enterprise Linux Developer Program - Red Hat Customer Portal のようです。

Software Collections — Software Collectionsホームページのフッター左にはRed Hat, Inc.の文字がありますが、About the project — Software Collectionsの"Who Runs SoftwareCollections.org?"セクションによると SoftwareCollections.orgはコミュニティによる取り組みとのことです。

とはいえ、php 5.5をソースからビルドするよりは楽そうなので、使ってみようと思います。