Homebrew Cask で Atom を、apm で Atom のパッケージを導入したメモ

  • 16
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

きっかけは RubyMotion の IDE として Atom を使ってみようと思い。
(なぜか RubyMine だと RubyMotion のコード補完が効かなかった為..)

Atom はインストーラでいれても良かったのですが、前から気になってた Homebrew Cask(本来は GUI のインストーラでインストールするタイプのソフトウェアを、Homebrew で導入できるやつ)を使ってみました。

ちなみに RubyMotion は Ruby でスマホのネィティブアプリが作れるやつ(有償)です。Atom は GitHub 製のエディタです。

前提

  • OS:Mac OS X 10.9.5 (Mavericks)

Homebrew Cask の導入

  • そもそも Homebrew が入ってなければ導入します。

    • Homebrew の 公式ページ どおり、次のように。

      $ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"
      

      執筆時とコマンド内容が変わってるかもしれないので、公式ページを確認ください。また事前に Xcode の導入も必要です。

  • brew コマンドで Homebrew Cask を導入します。

    $ brew install caskroom/cask/brew-cask
    

Homebrew Cask でインストールできるソフトウェアはこちらで確認できます。
https://github.com/caskroom/homebrew-cask/tree/master/Casks

Atom の導入

  • バッケージが存在するか確認

    $ brew cask search atom
    
  • Atom を導入

    $ brew cask install atom
    

簡単でした^^ インストールが終わると、ちゃんと Mac のソフトウェア一覧にも表示されます。

スクリーンショット 2014-11-10 14.26.37.png

同時に、Atom のパッケージ(プラグイン)を管理するための apm コマンドも使えるようになっています。

Atom のパッケージ(プラグイン)を導入

そもそもの目的であった RubyMotion support in Atom と、あと RubyMotion をコマンドでいろいろ操作すると思うので Atom Term 2 を導入してみます。

$ apm install RubyMotion
$ apm install term2

こんな感じで使えます。

screen3.png

screen2.png

screen1.png

おわり。