Homebrew で pyenv を導入し Python のバージョンを管理するメモ

  • 4
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Homebrew で pyenv を導入し、作業環境の Python のバージョンを管理できるようにした際の作業メモです。

前提環境

  • OS X El Capitan (10.11.5)
  • Homebrew が導入済みであること
    • 導入済みでなければ 公式 を参考にインストールしてください

手順

① pyenv のインストール

$ brew install pyenv

② 有効化

$ eval "$(pyenv init -)"

もし次回以降、自動でやりたい場合は ~/.bash_profie 等に次のように記載してください。

~/.bash_profile
eval "$(pyenv init -)"

③ Python のインストール

例としてバージョン 3.5.0 をインストールする場合は、

$ pyenv install 3.5.0

そして作業環境で利用するバージョンを 3.5.0 に切り替えます。

$ pyenv global 3.5.0

バージョンを確認してみます。

$ python --version

Python 3.5.0

以上