0から始めるAWS入門:概要

  • 1572
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

概要

研修向け。0からAWS上に基本的なWEBアプリケーションの環境構築していく。

前提

・一般的なLAMPのWEBアプリケーション向け(※1)に環境を構築しますが、それらミドルウェアのインストール・設定等はあまり対象にしてません。

・すでにAWSのアカウントを取得しているものとします。サインアップはこちら
ちなみに、新規登録であれば無料枠があるため、この研修向け内容をやったとしても$3ぐらいに収まります。

※1 アプリケーションの要件・内容には触れませが、一般的なLAMPアプリケーションでも同様になるかと思います。

構築する環境

今回のシリーズで目指す環境は、下記の通り。

AWS Design.png

簡単に各AWSサービス紹介

Elastic Compute Cloud (EC2)

一般的に言う仮想サーバー。スケーラブルに展開可能。
今回はここにアプリケーションを配置する。
詳細はこちら

Relational Database Service (RDS)

データベースを提供するサービス。セットアップ、運用、およびスケーリングを容易に行える。
対応RDSは、MySQL、Oracle、Microsoft SQL Server、PostgreSQL。
ちなみに最近Amazon AuroraというAmazonがクラウドに最適化したMysql互換のプレビュー版もでた。

詳細はこちら

Elastic Load Balancing (ELB)

ロードバランサー。EC2インスタンス間で、トラフィックの負荷を自動的に分散、耐障害性を高める。

詳細はこちら

Virtual Private Cloud (VPC)

AWSクラウド上に論理的に分離されたプライベートなネットワークを構築できるサービス。

詳細はこちら

次回

0から始めるAWS入門①:VPC編