docker-1.10.0からデタッチキーが変更できるようになった

  • 17
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

docker run, docker exec, docker attach`でコンテナ内入った後、デタッチするにはCtrl-P, Ctrl-Qでデタッチできますが、このキーバインドが1.10.0から変更できるようになっていました。Ctrl-PはEmacsキーバインドでシェル使う人の場合、「一つ前の履歴を表示する」操作に該当します。多用するので、コンテナ内でのシェル操作が非常にやりにくかったのです。

変更方法

~/.docker/config.jsonにdetachKeysディレクティブを追加します。

{
        "auths": {
                "https://index.docker.io/v1/": {
                        "auth": "******************************",
                        "email": "********************"
                }
        },
        "detachKeys": "ctrl-e,e"        <======== これ
}

オフィシャルのドキュメントにも書いてあります。
https://docs.docker.com/engine/reference/commandline/cli/