1. Qiita
  2. 投稿
  3. Ruby

【Ruby】Sinatraで、速攻でWebサイトを公開するための環境構築

  • 241
    いいね
  • 2
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

初めてSinatraでアプリを作ったので覚えたことまとめ。
事情によりローカルはApach + Passenger、リモートはNginx + Unicornなので、一応両方で動くようまとめ・・・たつもりなのですが。

元記事

下記エントリの転載になります。
【Ruby】Sinatraで、速攻でWebサイトを公開するための環境構築 - rokuroFire

事前準備

  • Ruby、bundlerのインストール
  • Apacheの場合、Passengerの設定をしておく
  • Nginxの場合、Unicornのgemをインストールしておく

アプリのファイル構成

最小構成は下記。

projectname/
-main.rb    // Controller
-config.ru  // Rackの設定ファイル。最初に実行されるファイル
-views/
    -index.haml // ビューのテンプレート(haml)ファイル
-public/    // webサーバのドキュメントルートはここを指定。画像もここ

個人的に、作業ディレクトリは下記のようにしてみました

projectname/
-Gemfile    
-config.ru  // Rackの設定ファイル。最初に実行されるファイル
-main.rb    // Controller
-app/       // 何らかの処理
  -module/  // モジュール類のファイル
-views/     // ビューのテンプレート(haml)ファイル
  -index.haml
  -layout.haml
  -style/   // sass(scss)ファイル
    -baes.scss
-db/        // データベースの設定ファイル(yml)を置く
-log/       // ログ置き場
-public/    // webサーバのドキュメントルートはここを指定。画像もここ
-tmp/
-vendor/
    -bundle/    // gemの管理ディレクトリ
-unicorn.rb // unicornの設定ファイル

Sinatraの設定

プロジェクト直下にconfig.ruを置きます。
また今回はControllerを別ファイル(main.rb)にしました。

config.ru
require './main.rb'
run MainApp
main.rb
require 'rubygems'
require 'sinatra/base'
require 'logger'
require 'unicorn'
require 'haml'
require 'sass'

# config.ru ではこのクラスをrunしています
class MainApp < Sinatra::Base

     # cssにアクセスした時の処理
    get %r{^/(.*)\.css$} do
        scss :"style/#{params[:captures].first}" #scssテンプレート
    end

    # '/'にアクセスした時の処理
    # views/index.haml
    get '/' do
        haml :index #views/index.haml(hamlのテンプレート)
    end
end

%r{^/(.*).css$} の()の部分は params[:captures] という配列に格納されるようで、firstで0番目の要素を取得します。
つまりこの場合、/base.css にアクセスすると、views以下にある style/base.scss が呼び出されます。

bundlerでgemの管理

Railsではおなじみですが、Sinatraでもgemの管理にbundlerを使ってみます。

# インストール
$ gem install bundler

$ cd projectname
$ bundle init
# Gemfileが作成される
source "https://rubygems.org"
gem 'sinatra'
gem 'haml'
gem 'mysql2'
gem 'activerecord'
gem 'unicorn'       # Nginx + Unicornの場合
・・・# などなど

#【注意】
# gemは "activerecord"
# .rb内でのrequireは "active_record"
# gemを入れるディレクトリを作成
mkdir vendor
mkdir vendor/bundle

# パスを指定して bundle install
# bundle exec をつけることで、Gemfileで指定されたgem環境でコマンドが実行される
$ bundle install --path vendor/bundle

# リモートのUnicornのバージョンを調べるなど
$ bundle exec unicorn -v
unicorn v4.7.0

Webサーバ(バーチャルホスト)の設定

Apache x passengerの場合

静的なサイトと同様、サイト数分、VirtualHostブロックを追加するだけです。
私のUbuntuのApacheはバーチャルホストの設定ファイルがconfigとは別ファイルになっていました。環境によっては少し違うと思われます。

$ cd /etc/apache2/sites-available/
$ sudo vim projectname-test         # 既存のプロファイルをコピーでもおk
# プロジェクトディレクトリ以下の public を指定する
# 今回は /var/www/hogehoge/projectname/ がプロジェクトディレクトリ
<VirtualHost *:80>
    RailsEnv development
    ServerName local.projectname.com
    DocumentRoot /var/www/hogehoge/projectname/public
    <Directory /var/www/hogehoge/projectname/public>
        Options Indexes -MultiViews MultiViews Includes FollowSymLinks
        AllowOverride all
    </Directory>
    ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
    LogLevel warn
    CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined
</VirtualHost>
sudo a2ensite projectname-test
// apacheは自動で再起動される
Nginx x unicornの場合

Nginxをリバースプロキシとして設定します。
Nginx設定ファイルの中に、サイトの数分、upstreamブロックとlocationブロックを増やします。下記では2個のアプリに2個のホストを設定した場合を記述しています。

nginx.conf
#下記を追記
worker_processes  1;
events {
    worker_connections  1024;
}

http {

    #アプリ1
    upstream app1 {
        server unix:/tmp/app1.sock;
    }

    #アプリ2
    upstream app2 {
        server unix:/tmp/app2.sock;
    }

    #アプリ1
    server {
        listen       80;
        server_name  local.projectname.com;

        location / {
            root /var/www/hogehoge/projectname/public;
            proxy_pass http://app1;   #unicornのupstreamを指定
            proxy_set_header Host $host;
        }
    }

    #アプリ2
    server {
        listen       80;
        server_name  local.projectname2.com;

        location / {
            root /var/www/hogehoge/projectname2/public;
            proxy_pass http://app2;    #unicornのupstreamを指定
            proxy_set_header Host $host;
        }
    }

}

unicornの設定ファイル unicorn.rbを編集します。

unicorn.rb
# coding: utf-8

# プロジェクトディレクトリへのパス
@path = "/var/www/hogehoge/projectname/"

worker_processes 1 # CPUのコア数に揃える
working_directory @path
timeout 300
listen '/tmp/app1.sock' # Nginxのconfig内にあるupstreamで、このパスを指定
pid "#{@path}tmp/pids/unicorn.pid" # pidを保存するファイル
# logを保存するファイル
stderr_path "#{@path}log/unicorn.stderr.log"
stdout_path "#{@path}log/unicorn.stdout.log"
preload_app true

unicornの起動コマンド

$ bundle exec unicorn -E production -c unicorn.rb -D

# unicorn.rbのあるアプリディレクトリで上記実行
# -E で環境を指定、-D でデーモン化
# bundlerを利用している場合には bundle exec
# unicornを停止する場合は、pidを調べてkillする

ここまでで、とりあえずSinatraでWebサイトを公開することが出来ると思います。

自動リロード

通常、アプリケーションファイルを変更してもWebサーバを再起動しないと反映されないため、開発環境では自動でリロードされるように設定。

Apache+Passengerの場合

tmp/always_restart.txt
# tmp/以下に always_restart.txt を置くだけ。中身は空でOK

それ以外の場合

gem install sinatra-contrib
main.rb
require "sinatra/reloader"
# if development? などの条件分岐をつけておく

Gitでデプロイする場合には、.gitignoreに上記txtファイルを追加 or dev環境の時のみ実行されるような分岐を書いておく。

Basic認証

ついでにベーシック認証についても調べたので書いておく。

サイト全体にかける場合
main.rb
# ルーティングファイルの最初に記述
use Rack::Auth::Basic do |username, password|
    username == "name" && password == "passwd"
end
特定のパスにかける場合
main.rb
helpers do
    def protected!
        unless authorized?
            response['WWW-Authenticate'] = %(Basic realm="Restricted Area")
            throw(:halt, [401, "Not authorized\n"])
        end
    end
    def authorized?
        @auth ||=  Rack::Auth::Basic::Request.new(request.env)
        @auth.provided? && @auth.basic? && @auth.credentials && @auth.credentials == ['name', 'passwd']
    end
end

get /protectedurl do
    protected!
    "ベーシック認証ページですよ"
end

環境の変更

# sinatraの中で分岐する場合は以下の定数が使える
ENV['RACK_ENV'] # "development" or "production"

# Sinatraとは別にrubyの処理をコマンドラインで叩く場合、オプションを付ける
# dev環境
$ RACK_ENV=development ruby app/dataset.rb 
# production環境
$ RACK_ENV=production ruby app/dataset.rb

同様の定数に環境名が入るので分岐に使える
ENV['RACK_ENV'] # "development" or "production"

参考