Bitbucketでチームを作ってメンバーを追加するまでの流れ

  • 40
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

プライベートリポジトリを作成するのに便利なBitbucketだけれど、普段使い慣れていないと最初の導入でつまづくのでメモ。

グループを作る

アカウント作成の際に個人ではなくグループで作成すればOK

グループにメンバーを追加する

画面右上のManage Teamをクリックし
4ef73645da129ba8df82e6d4f459b46a.png

User groupsにアクセス。
66fbf1f6b664840ac7e108e83189bfee.png

するとグループ管理画面が出てくるので、ここで追加したい人のメールアドレスを入れて送信。
8168876b5fa542bacf1e5d425d6cdb86.png

メール送信時に相手がBitbucketのアカウントを持っていないとうまく認証できないので、その場合はアカウントを取ってもらってから送信する。
先に送信してしまうと認証されても「送信済」のままステータスが変わらない場合があるので、右端のバツボタンを押して再送信すると、ステータスが切り替わって閲覧できる。

おまけ

リポジトリを作成するときは、リポジトリ>作成の上、名前を切り替えればOK。油断していると自分に紐づいて慌てます…
07e58260594481648da8d5a7ee3852e8.png

また、せっかくプライベートにしてもTeam Settingでプライベート表示にしておかないとチームは表示されてしまうので注意。