タブ区切りテキスト(TSV)を様々なデータ形式に変換するWEBサービスとライブラリ

  • 26
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

ExcelやGoogle スプレッドシートからピピっとコピーしてできたようなタブ区切りテキスト(TSV)をささっと別のデータに変換できるようなサービスがほしかったので、以下のサービスをつくりました。

Tsvert

TSVを別のデータ形式に変換する機能については、汎用的に使えそうなのでJavaScriptライブラリとしてきりだして、npmに公開しています。

high5/tsvert
high5/tsvertのドキュメント

類似の機能を提供したサービスは探せばいろいろあったりするのですが、今回、公開したサービスでは, 変換できる形式のデータがいろいろあったり(JSON, SQLのinsert文, PHP, Ruby, Python)、オプションがいろいろあったりするなどの特徴があります。

例えば、次のようなデータを、

id  name    type    price
1001    egg food    200
1002    hook    dvd 999
1003    hammer  tool    300
1004    すし  食べ物   900

次のように変換します。

[
  {
    "id"   : 1001,
    "name" : "egg",
    "type" : "food",
    "price": 200
  },
  {
    "id"   : 1002,
    "name" : "hook",
    "type" : "dvd",
    "price": 999
  },
  {
    "id"   : 1003,
    "name" : "hammer",
    "type" : "tool",
    "price": 300
  },
  {
    "id"   : 1004,
    "name" : "すし",
    "type" : "食べ物",
    "price": 900
  }
];

TSVのヘッダー行が各行のkeyになります。
サービスライブラリのほうにより詳しい使用法がかかれています。