よく使う git diff コマンド

  • 216
    いいね
  • 1
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

git diff コマンドは、2つの commit の差分や、 working tree と index の差分などを表示するコマンドである。

実行例

まだ index に add していないモノを表示

git diff

index と working tree の差分を表示するコマンド。

注意: 新規に作成したファイルはこのコマンドでは表示されない。新規に作成されたファイルは Git に track されていないので。

次の commit で反映される変更を表示

git diff --cached

index と HEAD の差分を表示するコマンド。
commit 直前によく実行する。

直前の commit による変更を表示

git diff HEAD^ HEAD

HEAD と HEAD^ の差分を表示するコマンド。
commit 直後によく実行する。

git diff HEAD^ HEAD --stat

--stat オプションを指定すると、差分の統計情報だけを表示する。

オプションについての補足

git diff コマンドは、 default では index と woking tree の差分を表示する。

--cached オプションを指定すると、 index と、ある commit の差分を表示する。
(commit を明示的に指定しない場合は HEAD との差分を表示する。)

設定

コンフィグファイルに以下の設定を書くことで、 git diff を含む Git の大半の出力に色がつく。

[color]
        ui = true

~/.gitconfig に上記設定を書き込むには、以下のコマンドを実行すれば良い。

git config --global color.ui true

リファレンス