Slackのクローンアプリを3つ程試してみた

  • 79
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

概要

前回、アプリの起動まではやったので、実際にいじくり回してみた感触を箇条書きでまとめてみます。ただの個人の感想なので参考程度にしてください。

RocketChat

新進気鋭のアプリ。新しいが故か完成度がやや低い。

Pros

  • UIがLet's ChatよりSlackっぽい。
  • WebRTCによるビデオチャットに試験的に対応している。
  • UIが日本語対応。

Cons

  • デスクトップ通知が働かない。
  • たまに挙動が激重になる。
  • アバターが変更出来ない。
  • ドキュメントが無い。

Summary

導入するには時期尚早という印象。とりあえずチャットだけ使えればいいという場合にはいいかも。更新も頻繁にかかるようなので、どうやって追従するかが課題か。

Let's Chat

完成度は高め。UIは3つの中で一番シンプル。

Pros

  • 設定ファイルを書けば、ファイル共有やプライベートルーム作成も可能。
  • UIが日本語対応。
  • デスクトップ通知がされる。

Cons

  • プライベートルームとパブリックチャンネルの見分けがつかない。
  • 通知がONかOFFしか選べず、チャンネル毎やメンションのみ通知などが設定できない。

Summary

通知の設定が大雑把にしかできないが、実用に耐えるアプリケーション。ある程度完成されたChatが必要な場合はRocketChatよりオススメできる。

Mattermost

3つの中で最もSlackに寄せている。こちらも新しいため少々不安定か。

Pros

  • 最初にチームを作るところからしてほぼSlack。
  • デスクトップ通知がSlackと同等に細かく設定できる。
  • ファイル共有も可能。

Cons

  • UIは英語のみ。
  • ドキュメントがほとんど無い。

Summary

日本語UIに拘らなければ一番オススメ。こちらもRocketChat同様に更新が頻繁にあるので、どうやって付き合っていくかが課題か。

まとめ

個人的にはMattermostが一番良かった。現段階でどれかを選ぶのであればMattermost。RocketChatは今後のマイルストーンを見るとv1.0あたりで化けそうなのでそれを待った方がいいかも。無難にいくならLet's Chatを選択すればドキュメントもあるので困ることも少ないだろう。