SwiftでWKWebViewを使ってみた

  • 47
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

はじめに

iPhone6やiOS8の発表も目前に迫り、iPhoneユーザのみなさまにおかれましては胸躍る季節かと思います。
そういう僕もo(^-^)oワクワク・・・ こう言うときは勉強に意欲が出るものです。

今回はiOS8の新機能の一つとして、今までSafariに独占されていたWebkit Frameworkがアプリでも使えるようになったので本当に簡単ですがWebkit Framework呼び出してWebページを表示するまで試してみました。

ちなみに、初めてのSwiftです。…o(;-_-;)oドキドキ♪

とにかく動かしてみる

今回は、Xcode6-Beta7を用いました、スクリーンショットはだめみたいなのでテキストだけでお届けします

手順

  • Single View Applicationでプロジェクトを新規作成
  • プロジェクト名は適当に決め、Languageは「swift」を選択
  • ViewController.swiftにコードを書く

ソース

僕が書いたコードは、番号が振ってあるコメント(「//1.WebKit Frameworkをimportする」など)部分のほんの数行です。というか・・・たったの7行ですね。。

ViewController.swift
import UIKit

//1.WebKit Frameworkをimportする
import WebKit 

class ViewController: UIViewController {

    //2.WKWebviewの宣言!
    var _webkitview: WKWebView? 

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        // Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

        //3.WebKitのインスタンス作成!
        self._webkitview = WKWebView()

        //4.ここでWebKitをviewに紐付け
        self.view = self._webkitview!

        //5.URL作って、表示させる!
        var url = NSURL(string:"http://www.yahoo.co.jp/")
        var req = NSURLRequest(URL:url)
        self._webkitview!.loadRequest(req)
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
        // Dispose of any resources that can be recreated.
    }
}

これで、ビルドして実行すると何もできませんがWebKitでWebページが表示されます!
変数宣言の"?"や、メソッド実行時の"!"などは、こちらのページで勉強させていただきました!

最後に

もちろんこのコードだけではアプリになりませんが、swift+Webkitでなんか楽しかったです。
iOS8が正式にリリースされたらベンチマークが公開されると思いますので楽しみにしています。
(個人的にはATOK for iOSが楽しみでなりません!)