Deep Learningを用いたサービスまとめ(国内&海外)

  • 57
    いいね
  • 0
    コメント

はじめに

Liaroという会社をやってます、花田です。
最初は何か書いて動かそうと思ったのですが、言うて既存の有名所のモデル実装して試して終わりになってしまうので面白くないなと。
なんかそういうのは研究されてるようなもっと詳しい方々がやったほうが見てる方が勉強になるのでそちらはお任せして。仕事柄、普段から海外サービスも含めAIを謳っているものはチェックしているほうなのでそれらをまとめようかなと。
普段メモ書きで残していたものなので雑なのはご了承下さい。

気になった会社/サービスまとめ

画像認識系

Clarifai

ニューヨーク:有名どころ。純粋なる画像認識エンジンを開発。動画をアップすると各シーンに写っているものをタグ付けしてくれる。動画像解析APIを提供。
https://www.clarifai.com/
http://wired.jp/2015/02/10/incredible-ai-can-watch-videos/

Tractable

ロンドン:画像認識と言語理解をやっているみたいだけどデモとかはない。

http://www.tractable.io/

netra

ボストン:VisualSearchとSNSでの画像解析でのマーケティング
http://www.netra.io/

hyperverge

パロアルト/バンガロール:画像認識で色々な機能を提供(顔検出、顔認識、フォトアルバムの整理機能etc)
http://hyperverge.co/technology.html


sentient

サンフランシスコ/香港:ECに対して画像認識ベースのパーソナライズとアナリティクスを提供etc
http://www.sentient.ai/

sighthound

ニューヨーク:人物検出と顔認識APIを提供。映像からのリアルタイム検出が可能。デモ見る感じはスゴイ。
https://www.sighthound.com/

imagenii

テキサス/マルベーリャ(スペイン):画像のCDNとContent Based Image Retrieval Storage(CBIR)の提供。ECでのビジュアル検索などを想定
https://www.imagenii.com/

pilot ai

カリフォルニア:画像認識によるドローンの自動操縦とか
http://www.pilot.ai/

Moodstocks

パリ:画像認識の力でスマートフォンカメラを周囲を認識できるスマートセンサーに変えようとしている。
つまり、映るものを認識して調べたり買ったり出来るようにする。
Googleが買収済み。なのでこの分野はGoogleも狙っている
http://thebridge.jp/2016/07/google-buys-machine-learning-startup-moodstock-to-help-your-phones-camera-identify-objects

Jetpac

パリ:

画像のセマンティック分析を行うJetpacとそのチームを買収した。その技術はたとえば、Instagramの公開されているデータを調べて、いちばん幸福な都市、いちばん酔っぱらいの多い都市などを判定する。Jetpacは2012年に、iPad上のソーシャルな旅行ガイドとしてスタートしたが、その後方向性を変えて、Instagramのデータを利用するiPhoneアプリ”Jetpac City Guides”を提供している。
http://jp.techcrunch.com/2014/08/17/20140815google-buys-jetpac-to-give-context-to-visual-searches/

GoFind

服の写真から検索できるアプリを作ってる。

Our goal is to enable people to buy anything they see, across borders

http://www.gofind.ai/
https://bita.jp/dml/gofindai

Reflektion

カリフォルニア:ECのための各機能(サーチエンジン/コンテンツ最適化/アナリティクス)の提供

http://reflektion.com/

Cortexica

ロンドン:画像から服を検索出来たりするVisualSearchエンジンの開発。$18M調達
https://www.cortexica.com/

ViSenze

シンガポール:これもECのVisualSearchエンジン。楽天ベンチャーズのリードによるシリーズBラウンドを1,050万米ドルの調達
https://www.visenze.com/
http://thebridge.jp/2016/09/visenze-raises-us10-5m-to-provide-visual-search-image-recognition-solutions-for-e-railers-and-publishers-20160916

staqu

デリー:これもEC-VisualSearch検索
http://www.staqu.com/

音声認識系

Deepgram

音声・動画をキーワードで検索可能にするサービス
https://www.deepgram.com/
感想:B向けにコールセンターとかニュースとかで使う感じかなという印象。公開されてる動画検索はGoogleでやればいいし

Deepomatic

GoFIndと同じように服の写真から検索できる。それをMessangerを使ったchatbotして提供。
同時にdeveloperにAPIも提供
https://www.deepomatic.com/#/bot
http://thebridge.jp/2015/09/deepomatic-funded-pickupnews

Viv

カリフォルニア:言わずと知れたSiri開発者のstartup。ここにきてSamsungが買収
http://gigazine.net/news/20161006-samsung-purchase-viv/

maluuba

ベルギー/カナダ:DeepLearningでNLPやったり強化学習やったりして会話を理解するAIを開発してる感じ(?)
http://www.maluuba.com/

oben

カリフォルニア:タスク的には声の変換をやっているようだけど目指すのはTTSかな?自然なスピーチを目指しているんだと思うけどWaveNetで真っ青なのでは
http://www.oben.me/

Verso

テレビで誰がどれくらい映ってるか計測するサービス
http://www.verso.to/
http://jp.techcrunch.com/2016/10/22/20161021this-russian-project-will-detect-a-face-in-any-tv-channel-in-real-time/

自然言語処理系

Automated Insights

数値データから自動で説明文を生成(95億円バイアウト)
http://gigazine.net/news/20150225-automated-insights-wordsmith/
感想:これは面白い。日本ではないサービス

Articoolo

キーワードを幾つか指定するとAIが情報を集めて記事を書いてくれる。すでに書いた記事の編集もやってくれる
http://articoolo.com/
感想:未来感あるが、おもしろい記事を書くというのがまた難しい。そうじゃないとどこで使うんだろうなぁと。日本語版を作るのはありだけど需要がそもそもわからない

その他(国内中心)

PFI/PFN

まぁ言わずと知れたという感じだと思いますが一応w国内ではAIと言えばプリファードみたいな感じですね。人材が圧倒的です。サービスをガンガングロースさせるスタートアップというより民間の研究機関のような感じ。日本ではかなりメジャーになったDeep Learning用のPythonライブラリChainerも開発している。事業としては、がんの研究所があったりピッキングのロボットを開発していたりと色々凄いことをやってますね。
https://www.preferred-networks.jp/ja/

ABEJA

こちらも国内ではかなり有名ですね。リアル店舗に向けにカメラでのトラッキングを用いてAIが購買動向を分析ツールを開発しているそうです。
http://www.abeja.asia/

Gunosy

同名のサービス「グノシー」が有名ですね。Deep Learningを用いて年齢推定などを行っているそうです。基本的にこういった情報はユーザーは入力したがらないので推定できると、広告などのコンバージョンアップにもつながるのでいいですね
https://gunosy.com/

B12

AIがモックデザインを作ってくれるらしい
https://b12.io/

リノシー

部屋の画像の好みから物件とリノベーションの提案をしてくれる。やはり家具・雑貨はビジュアルサーチあるんじゃないかと思った。てかグ◯シーと間違えそう…w
https://www.renosy.com/

Calomeal

AIがダイエットと栄養管理をサポート。予防医療ではFiNCも有名かな。AIってほどのAIっていうテーマでもない気もする。AIだとどちらかというっと診断とか先端医療に使う方事例が多い。
http://calomeal.com/

おわりに

本当にメモ書きをほぼそのままのせた感じで雑になってしまいました。。。
印象としては、EC向けに画像認識やビッグデータ分析を行っているところが多いですね。
音声サービスもGoogle、Amazon、Appleが参入してきて盛り上がるんじゃないでしょうか。実際のサービスでは、自然言語処理も絡むので日本語向けにサービスを日本のスタートアップが開発する可能性はありますね。
ではでは。

この投稿は DeepLearning Advent Calendar 201610日目の記事です。