「IT業界」と「建築業界」の違い

  • 1
    いいね
  • 0
    コメント



※一応、設計についての話です。

「IT業界」と「建築業界」は、よく並べられて例えられる。
けど、そこまで根付いてないような感じがするので、自分なりに分析。

■家に入るためのドアには「鍵」がついている

  • 鍵式なのか、カード式なのか、入力式なのか、指紋認証なのか...
  • これは、ITでいうところの認証に当たる。
    • ID/PASS、端末認証、SSO...

■家には「間取り」という概念が存在する

  • キッチンやリビングや寝室。それぞれの機能を果たしてる。
  • これは、ITでいうところのサブシステムに当たる。
    • ログイン、ユーザ登録、住所検索.....

■家には「寿命(耐用年数)」がある

  • 建築基準法によって色々あるとは思うけど、大体100年くらい持つはず。メンテナンス方法も定義されてるはず。
  • これは、ITでいうところの運用期間に当たる。
    • 何年耐えられる設計にするのか、もし何か障害が発生した時にどう対処するのか...

■家を建てるには「道具と技術」が必要

  • 釘や金槌、トラクターやクレーン車...
  • これは、ITでいうところのIDEや言語に当たる。
    • EclipseでJava開発したり、PyCharmでPython開発したり...

■「決定的に違う事」

  • 建築で失敗したら人が死ぬ。
  • システムで失敗しても人は死なない。
    • ただ、損害賠償が発生するので、会社経営が傾き、社員の首を切らなければならない状況が発生しうる。

■問題点

  • IT業界にはこの考えを持っている人が少ない。
    • そもそも別の業界なので考えなくていいのかもしれない。けど、本質としては同じはず。
  • 結果として、以下のような事が生じる。
    • 認証方法が曖昧
    • サブシステム間の連携が取れてない
    • 保守性や拡張性、耐障害性や将来性を見こした設計になっていない
    • 責任意識が低く、責任の押し付け合いが発生




建築で考えたら簡単な事なのに、
何でIT業界だと上記のような問題が発生するのか.....

ちゃんと設計しろよ。

謎です。