caffeinateコマンドでMacの自動スリープを抑制する

  • 20
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Mountain Lion 以降のMacでは自動スリープを抑制するcaffeinateコマンドが使えます。

基本的な使い方

Ctrl + cで終了するまでスリープを抑制します。

$ caffeinate -i

コマンドオプション

オプション 効果
-d ディスプレイの電源を切るのを抑制
-i システムのスリープを抑制
-m ディスクのスリープを抑制
-s AC電源での起動時にシステムがスリープするのを抑制する
-u ユーザがアクティブであることを宣言する(-tと組み合わせる)

特定の時間だけ抑制する場合

指定した秒数だけスリープを抑制します。
以下の場合、1時間抑制します。

$ caffeinate -u -t 3600

特定のプロセスが起動中のときだけ抑制する場合

指定したコマンドが起動中の間だけスリープを抑制します。
以下の場合、makeコマンドが実行中の間だけ抑制します。

$ caffeinate -i make