perlbrewとcpanmでPerl環境を作る

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

普段使っていないのですぐに忘れてしまう。いい加減メモしておく。シェルはzshを使っている。

まずはperlbrewを入れる。

$ curl -kL http://xrl.us/perlbrewinstall | bash
$ rehash
$ perlbrew init

.zshenvはこんな感じにしておく。

.zshenv
if [ -d "$HOME/perl5/perlbrew" ]; then
  source $HOME/perl5/perlbrew/etc/bashrc
fi

使いたいPerlのバージョンを指定してインストール、この時GREP_OPTION環境変数が悪さをしてコンパイルがこけるので、GREP_OPTIONを消す

$ GREP_OPTIONS= perlbrew install perl-5.14.2

おわったらswitch

$ perlbrew switch 5.14.2

確認

$ which perl
/home/hagino3000/perl5/perlbrew/perls/perl-5.14.2/bin/perl
$ perl -v
This is perl 5, version 14, subversion 2 (v5.14.2) built for x86_64-linux

cpanmのインストール

curl -L http://cpanmin.us/ | perl - App::cpanminus

以降はcpanmを使ってパッケージを入れる。