Alfredを起動するショートカットは⌘キー2回押しで

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Mac用の驚異的に素晴らしいランチャー Alfred の有償Powerpackをついに購入。Workflowのあまりの素晴らしさに虜になる。くやしいけど、AlfredはPowerpackを買わないと意味がないと言い切ってしまう。

後は、インクリメンタル検索にmigemoが使えるようになってさえくれればもう何も言うことはないのだけど。

Alfredを起動するショートカット

Alfredの記事はQiitaなどにいくらでもあるので、ここではAlfredを起動するためのショートカットについて。デフォルトはOption+スペースになっているけど、ここは断然「⌘キー2回押し」にすることをお勧めする。

この設定にしておいて、左右の⌘キーを同時に押すだけ。

この一発起動感はやみつきになる。

次世代のシェル

以下余談。
Alfredはまぎれもなく次世代のシェルのひとつの姿だと思う。pecoもAlfredと同様、シェル操作のありかたを変えた。
その意味で、Windowsは完全に進化の方向を間違えたと思う。モバイルなどに色目を使ったのが命取り。

Alfredやpeco的なインターフェイスを徹底的に中心においたGUIシェルを、Mac/Win/Linux問わずどのプラットフォームでも使えるようになって欲しい。