WebAudioAPIを使っているはずなのに、マナーモードで音が出る!?

  • 21
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

起きている問題

WebAudioAPI が HTML Audio に比べて便利な点の1つに、
iPhoneのマナーモード時にちゃんと消音してくれる、というのがあります。

しかし、最近の iOS Safari もしくは WebAudioAPI の仕様変更により、
WebAudioAPIを使っていても、状況によってはマナーモードでも
音が鳴ってしまう事態が起きているようです。

SoundJS, boombox.js, howler.jsといったWebAudioAPIをサポートしている
有名ドコロのライブラリは、現状全てiPhoneのマナーモード時でも
音が鳴ってしまうようになっています。

これではユーザーフレンドリーな実装ができません。

原因究明・解決

ライブラリを使わずに生の WebAudioAPI を普通に再生する分には、マナーモード時に正しく消音されることを確認できたので、
ライブラリの中に何か原因があるようでした。

調査した結果、どうやら
HTML Audio、もしくはHTML Videoをページ内で1つでも使用していた場合、
そのページでは WebAudioAPI の音がマナーモード時にも鳴ってしまう

ということが判明しました。

上記のライブラリは、いずれも フォールバック用やcanPlayType等のメソッドを使うために、HTML Audio を生成していたので、
マナーモード時に音が鳴る問題が発生していたようです。

従って、ライブラリの内容を改変し、WebAudioAPI非サポート端末の場合のみ、
HTML Audioを生成する手順にすることで、マナーモード時に正しく消音するように
改良することができるはずです。