Unity の SceneView を動画キャプチャして Twitter に投稿してみた。

  • 9
    いいね
  • 0
    コメント

Unity で作業中のものを動画キャプチャして Twitter に投稿しようとしたところ、思った以上に大変だったので、まとめてみました。

ちなみに、この方法を使えば、Unity に限らず、PC 上の様々なものを動画として保存して Twitter に投稿できるようになります。

使用するツール

  • ScreenToGif
    「連番キャプチャした png」を作成するのに使用します。
    ダウンロードはこちらから。
  • FFmpeg
    「連番キャプチャした png」から「mp4」を作成するのに使用します。
    ダウンロードはこちらから。

やり方

まず、「ScreenToGif」を使って、「連番キャプチャした png」を作成します。
キャプチャの仕方は以下のとおりです。

  1. 「ScreenToGif」を起動し、「レコーダー」を選択します。
    image
  2. 中の透けたウィンドウが表示されますので、キャプチャしたい範囲をその中に入れるように調整して、右下の「記録」ボタンを押して、キャプチャを開始します。
    キャプチャを終了させたい場合はその右隣りの「停止」ボタンを押します。 image

これで連番キャプチャは完了です。
キャプチャした画像は以下のフォルダに保存されています。
C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Local\Temp\ScreenToGif\Recording\【日付】(例、2016-08-18 22-34-21)

それが終わったら、「FFmpeg」を使って「連番キャプチャした png」から「mp4」に変換します。
FFmpeg はコマンドプロンプトから操作します。

例として、自分の実行したコマンドを載せます。

ffmpeg.exe -r 15 -i "C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Local\
Temp\ScreenToGif\Recording\2016-08-18 22-34-21\%d.png" -vcodec libx264 -acodec l
ibfaac -b 1024k -profile:v baseline -pix_fmt yuv420p -s 560x450 test.mp4

意味をざっくり説明すると……

  • フレームレートは「15 fps」
  • 入力ファイルとして「C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Local\ Temp\ScreenToGif\Recording\2016-08-18 22-34-21\~.png」を使用。
  • ビデオコーデックは「H.264」
  • オーディオコーデックは「AAC」
  • ビットレートは「1024 kbps」
  • H.264 のプロファイルは「baseline」
  • 出力解像度は「560x450」
  • 出力ファイル名は「test.mp4」

となります。

Twitter に投稿できる動画には制限があるので、その制限に従って動画を作成する必要があります。
詳しくは、こちらのページを参照してください。

これで出来上がった動画を Twitter の投稿画面にドラッグして、ツイートできれば成功です。
image

成功したツイートはこちらになります。
https://twitter.com/go_astrayer/status/766295378966695936

参考サイト